全身脱毛のメリット・デメリット!後悔しないためのポイントとは

全身脱毛のメリット・デメリット!後悔しないためのポイントとは

全身脱毛

女性の永遠の憧れでもある全身脱毛。
全身まるごとツルツルになれば、面倒な自己処理から解放されて、自分の素肌にも自信が持てますよね。
しかし全身脱毛は料金が高い、脱毛完了までに時間がかかるなど、いろいろなイメージが先行して一歩踏み出せないという女性も多いのではないでしょうか。
そこで今回、全身脱毛のメリットとデメリット、医療脱毛と脱毛サロンで行う全身脱毛のメリットとデメリットを紹介します。
全身脱毛について知識をつけて、自分に合った選択肢を選んでくださいね。

 

全身脱毛のメリットデメリットは?

全身脱毛をはじめる前に知っておきたいのが、メリットとデメリットですよね。
メリットとデメリットを比較して、自分にとってどのくらい価値があるものか判断しましょう。

 

全身脱毛するメリットは?

メリット

全身脱毛のメリットについて紹介します。

 

メリット1.自己処理の必要がなくなる

全身脱毛の最大のメリットと言えば、体毛が生えなくなるため、自己処理の必要がなくなるという事でしょう。
全身脱毛すれば、自己処理にかけていた時間から解放され、ムダ毛の存在を気にせずに過ごせます。

 

メリット2.自己処理による肌トラブルがなくなる

カミソリや電気シェーバーで処理をすると、少なからず皮膚にダメージを与えます。
表皮を削り取ると肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすくなったり、毛穴が炎症したり、肌トラブルを起こす原因に。
全身脱毛すれば、自己処理の必要がなくなるので、カミソリによる肌へのダメージから解放されます。

メリット3.色素沈着がなくなる

自己処理を繰り返すと、毛穴への負担が大きく、肌の内部でメラニン色素が生成され、それが沈着することで毛穴が黒ずみます。
全身脱毛すれば、肌への刺激がなくなるので、色素沈着からも解放されます。

 

メリット4.ムダ毛の存在から解放される

自己処理しても、毛穴の黒いぶつぶつや処理しきれなかった体毛が気になりますよね。
年齢を重ねるごとに肌を隠す洋服を選び、ムダ毛の剃り残しが気になって着たい洋服を着られないなど、ムダ毛の存在へのストレスを感じている女性が多いです。
全身脱毛すればムダ毛がなくなり、様々なストレスから解放されます。

 

全身脱毛のデメリットはある?

デメリット

全身脱毛のデメリットは、お金がかかるということです。

 

脱毛サロンで全身脱毛する場合、1回あたりの相場は約2万円です。
脱毛完了までにかかる回数は個人差がありますが、料金の相場は25〜35万円ほどです。

 

なかには回数無制限のサロンもあるので、自分に合ったサロンを利用しましょう。

 

部位脱毛と比較したメリットは?

部位脱毛

部分脱毛と比較した全身脱毛のメリットは、1部位あたりの脱毛料金が割安になっている点です。

 

全身まとめて脱毛した方が単価は安くなるのでお得に脱毛できます。

 

1部分綺麗になると、他の部位も綺麗にしたくなってどんどん追加契約していく女性がいます。
結果的に全身脱毛した方が安かったという場合もあるので注意しましょう。

 

デメリットは?

部分脱毛と比べ1回あたりの施術時間が長いのがデメリットです。
両ワキ脱毛など、1部位あたりの施術時間は10分〜15分です。
しかし全身脱毛となると、早い脱毛サロンでも40分〜60分ほどかかります。
脱毛が終わるまで同じ姿勢をキープしないといけないので、結構大変。

 

1回あたりの施術時間を短くするには、全身脱毛1回あたりの来店回数を増やして、1回あたりの施術時間を短くするという方法があります。
1回の来店で全身脱毛1周するよりも、全身を4分の1ずつ分けて施術していく方が1回あたりの時間は短くなります。
1回あたりの脱毛範囲はサロンによって違うので、自分に合ったサロンを選ぶのがコツです。

 

医療脱毛と脱毛サロンの全身脱毛のメリットは?

医療脱毛

医療脱毛で全身脱毛を行うメリットは、脱毛完了までの速さです。
医療脱毛では厚生労働省の認可を受けた出力の強いレーザー脱毛機を使用できるので、効果が高く、毛がなくなるのも速いです。
脱毛サロンの脱毛機と比べて約3分の1の回数で脱毛完了できるので、少しでも早く脱毛完了したいという方に向いています。

 

医療脱毛と比べて、脱毛サロンで全身脱毛するメリットは、料金の安さです。
脱毛サロンの全身脱毛1回あたりの相場は2万円ですが、医療脱毛だと1回あたりの相場は6万円と約3倍違います。
脱毛サロンの全身脱毛だと、30万円で回数無制限のサロンもあるほどなので、低料金で全身脱毛したいという方には脱毛サロンが向いています。

 

デメリットは?

医療脱毛のデメリット
脱毛サロンではなく、医療脱毛で全身脱毛を行うデメリットは、全身脱毛1回あたりの料金の高さです。
医療脱毛は自由に料金を設定できる自由診療なので、医療機関によって料金の差が非常に大きいです。
全身脱毛だと安い医療機関で1回あたり5万円、高い医療機関になると1回あたり10万円かかります。
脱毛完了までに6回から8回の施術が必要なので、安くても約20万円以上かかります。
20万円以上かけても医療脱毛で完全にムダ毛がなくなるわけではないので、脱毛完了後に毛が再生する可能性も場合によってはあります。
脱毛サロンなら20〜30万円前後で全身脱毛の回数無制限を契約できるので、毛が再生する心配はいりません。

 

脱毛サロンのデメリット
医療脱毛ではなく、脱毛サロンで全身脱毛を行うデメリットは、脱毛完了までに長い期間かかるという点です。
脱毛サロンでは出力の弱いフラッシュ脱毛機しか使用できません。
毛根に対して弱いダメージを繰り返していくことで毛を生えにくくしますが、脱毛完了までに3年以上かかることもあります。
効果の出方には個人差があるうえに、毛周期にあわせて施術を行わないと効果が薄れる可能性もあります。
少しでも早く脱毛完了したい、ツルツルな素肌を手に入れたいという方には脱毛サロンよりも医療脱毛がおすすめです。

 

まとめ

全身脱毛すれば、全身のムダ毛がなくなるので、自己処理の必要がなくなり楽になります。
さらに自己処理によるダメージや色素沈着から解放されるため、美肌を維持しやすいです。
全身脱毛は医療機関か脱毛サロンを利用するという選択肢がありますが、脱毛の質で言えば医療脱毛がおすすめです。
しかし医療脱毛であっても、脱毛サロンでも、全身脱毛は決して安くありません。
最後まで続けることに意味があるので、無理のない範囲で通える全身脱毛を選びましょう。