痛くない脱毛!医療・サロン

痛くない脱毛?医療・サロンで永久効果が高く痛くない理由は脱毛器にあり?

家庭用脱毛器<脱毛<医療レーザー脱毛
という順に痛みが増すといわれている脱毛手法!

 

誰でも痛みがない方が良いですよね?
痛みを懸念して自己処理しているなんて方も結構います。

 

痛みの原因は脱毛機によるんです。
今回は脱毛サロンや医療脱毛の痛みについて記載します。

 

脱毛サロンやクリニックは痛い?脱毛機の仕組みとは?

「ワキの毛を処理したい」「全身ツルスベになりたい」という人におすすめなのが脱毛サロンとクリニックです。
専用の機械を使い、プロのスタッフにしっかりケアしてもらえるので安心して脱毛することができます。

 

ドクターサポートもついているので、もしもの時も安心・安全です。

 

脱毛機

 

サロンやクリニックで導入されている光脱毛機は黒い色素に反応するものがほとんどです。光(レーザー)を毛に発射して黒い色素にアプローチさせ、毛根の「毛乳頭」という細胞を破壊します。
この毛乳頭は毛母細胞に栄養を届けるもの。

 

つまり、これを破壊すると新しい毛根が生えてこなくなるのです。

 

サロンでは、この細胞に刺激を与えて、毛が生えないようにアプローチするというものも。
このように、毛根を破壊するのですから、やはり痛みは感じることが多いです。

 

ただし、「その人の肌質と毛質」「痛みに敏感かそうでないか」「そのクリニックやサロンで導入されている脱毛機」といった違いによって差が出てきます。

 

どこの部位が痛いの?それはなぜ?耐えられる痛みなの?

どの部位であっても痛みを感じることはあります。やはり、毛根を焼くのですから痛みを感じるのは当たり前です。

 

特にVIO・顔(ヒゲ)は痛みが強い傾向にあるようです。なぜこの部位は痛みが強いのでしょうか?
VIO・ヒゲ(男性の場合)は皮膚が薄く・毛が濃い部位です。そのため、痛みを感じやすくなっています。

 

VIO部位

 

特に医療脱毛は出力が高い(=毛根へ働く力も強い)ため、サロンより痛みを感じるという人も多いです。
ただし、サロンとは違い麻酔を使うこともできます。サロンの場合、麻酔は使えず、痛くても我慢するか出力を下げるしかありません。

 

痛くない脱毛サロンの脱毛器は?

クリニックより痛みが抑えられている脱毛サロン。

 

それでも、我慢できないという人もいます。そのため、なるべく痛みが抑えられた施術を行うサロンを選ぶようにしましょう。

 

ディオーネは痛くない

例えばディオーネという脱毛サロンは「痛くない脱毛」を謳っています。

 

ハイパースキン法という手法で脱毛を行うのですが、これは毛根を焼くものではありません。
毛周期という毛の生えるサイクルがあるのですが、その休止期と呼ばれる期間に特殊な光を当てます。

 

ディオーネ

 

毛が生えるのを抑えることができるように。
光脱毛で痛みを感じるのは毛根にダメージを与えるため。

 

しかし、そもそもディオーネではダメージを与えないため、痛みがないのです。
ちなみに使用脱毛機は「カレン」という名前です。

 

4つの脱毛器の方式

脱毛サロンで導入されている脱毛器の方式を4つ紹介します。

 

そのうちの、特に痛みが少ない方式がハイパースキン脱毛です。
それでは、他に痛みの少ない方式はあるのでしょうか?残り3つの方式とは?

 

まず、ハイパースキン脱毛の他に痛みの少ない方式について触れましょう。

 

それはSHR方式と呼ばれる方法です。

 

毛根にある毛包のバルジというところに光を照射することで、その部位を徐々に温めていきます。
すると、毛が生えてこなくなるように。肌に優しい方式のため、敏感肌であっても施術を受けることが可能です。導入しているサロンが少ないですが、毛周期を無視して施術ができるのは大きな魅力。

 

2つめに、IPL方式があります。

 

こちらはハイパースキン脱毛やSRH脱毛より痛みが強いとされていることに注意しましょう。
さらに最後で紹介するSSC方式よりも痛いとされています。毛根に光を集中して当てることで脱毛。

 

最もメジャーな方式であり「銀座カラー」「キレイモ」など様々なサロンで導入されています。

 

キレイモ

 

最後にSSC方式があります。
これはスムース・スキン・コントロールの略となっており、抑毛効果のあるジェルと光脱毛器のフラッシュの相乗効果で脱毛する方式。

 

ジェルを利用しているため、IPL方式より痛みがマイルドであるという声が大きいです。
こちらは「ミュゼプラチナム」とその系列である「コロリー」で導入されています。

 

ミュゼ

 

こうして4つの脱毛方式を比較してみると、最も痛みの少ない傾向にあるのは「ハイパースキン脱毛」と「SHR方式」であると言えそうです。
痛みを感じやすい部位を脱毛したいなら是非候補に入れたい方式ですね。それでは、どのサロンがこの方式を扱っているのでしょうか?

 

チェーンでSHR方式の脱毛器を扱っているのは「ラココ」と「ストラッシュ」です。特にラココは全国に30店舗以上展開しているため、かなり通いやすいのではないでしょうか?
ちなみにラココで導入されているマシンは「ルミクス」と言います。脱毛機メーカーが経営しているためか、料金もかなり良心的です。

 

脱毛機

 

関連ページ

IPl脱毛について
SSC脱毛について

 

痛くない医療脱毛クリニックの脱毛器は?

サロンに比べて、その性質から痛みが強い傾向にある医療脱毛。それでは、なるべく痛みが抑えられたクリニックはないのでしょうか。

 

ライトシェアデュエットは痛くない?

痛みがなるべく抑えられた脱毛機として「ライトシェアデュエット」を押します。

 

つまり、このマシンを導入している医院であれば「あまり痛くない脱毛」をクリニックで受けることが可能です。
「このマシンでも痛みが我慢できない!」という人であっても、医療機関なので麻酔を使うことができます。

 

ライトシェアデュエットはなぜ痛みが抑えられているのでしょうか?この脱毛機は肌に光を当てながら冷却と吸引を行います。

 

ライトシェアデュエット

 

そのため、吸引しながら光を当てることで肌を引き延ばすことができ、肌に含まれるメラニン色素ではなく毛根に集中した力を当てることができるのです。
その結果、通常のマシンであれば肌に与えるはずの痛みが発生しにくくなります。さらに、冷却していることも痛みを和らげる要因のひとつとなっています。

 

このように、痛みが抑えられた脱毛機「ライトシェアデュエット」。このマシンを導入している大手クリニックとしては「リゼクリニック」「アリシアクリニック」「クレアクリニック」が挙げられます。

 

 

痛みは脱毛施術回数が増えると減る?何回位から減るの?理由は?

痛みは施術回数を重ねるほど減少します。毛量が減り、薄く柔らかい毛質になるため、光の出力を下げることができるのです。
出力が減れば痛みも軽減されます。つまり、毛が最も多い1回目が最も痛みを感じやすいです。

 

サロンであれば6〜10回、クリニックであれば2〜3回程度から痛みはなくなっていきます。

 

痛みが少ないだけじゃない。脱毛サロンの選び方

 

痛みが心配であっても「痛みが少ない」だけを条件にして選ぶのは勿体ないです。それでは、どういった点に注目してお店選びをすれば良いのでしょうか?

 

料金

脱毛サロンとは一口に言っても様々なチェーン店があります。

 

個人店も併せればそれこそかなりの数となり、価格設定もピンキリです。
そのため、なるべく内容が良くリーズナブルなお店を選ぶのをおすすめします。

 

部位によってお得なサロンが違うこともあるため、ここでは人気の部位別におすすめのお店を紹介します。

  • 全身脱毛→キレイモ、銀座カラー
  • VIO→ミュゼ、プリート
  • ワキ→ミュゼ

全身脱毛は人気チェーンの中では、特に上記の店舗がおすすめです。

 

コストパフォーマンスが高く、両方とも顔・VIOを含んだコース(銀座カラーは顔を含まない全身脱毛コースも有り)です。
VIOは価格やコストパフォーマンスだけを考えると、人気チェーンの中ではミュゼ、プリートがおすすめ。

 

特にプリートはVIO専門脱毛サロンという、かなり珍しい存在です。専門店なだけあって、かなり広い範囲をリーズナブルな価格で脱毛できます。VIOはトライアングルゾーンをデザインすることもできるのですが、このデザインが多いというのもポイント。また、この2つに加えて、痛みが心配という人はディオーネも候補に入れると良いでしょう。

 

予約が取れるか?

「予約が取りやすいか」というのも気をつけたいポイントです。
サロンによっては、2ヶ月先も予約がいっぱいということも。特に有名店で期間限定キャンペーン実施中の時期は混雑します。

 

そのため、予約が取りやすいことも重視しましょう。
人気チェーンであっても、店舗によって混み具合が異なることも。

 

脱毛予約

 

そのため、予約が取りにくいと言われているサロンであっても、店舗によっては予約が取りやすいということは十分あり得ます。
できれば、通いたい店舗の混み具合の情報を、Twitterやブログで情報発信している人から手に入れたいです。有名店であれば、可能性は十分あるので是非試してみてください。

 

個室かどうか?

サロンによって、施術を受ける部屋がカーテンで仕切っただけの半個室であることも。

 

隣の声もクリアに聞こえてしまうくらい簡素なので、プライバシーを守りたいなら個室にした方が良いです。
チェーンの中には店舗によって個室であったり半個室であるところも。ミュゼもこのうちのひとつです。

 

もし、個室であることを重視したいなら、電話でサロンに確認を取ってみると良いかもしれません。

 

エステティシャンのサービスレベルは?

エステティシャンのスキル、対応にも注目しましょう。

 

サロンによってはスタッフの入れ替わりが激しく、対応や態度が悪いというケースも。
こうしたサロンはスタッフがすぐに辞めてしまうので、施術スキルが怪しい人もいます。
こうしたスキルや対応は、口コミを調べればある程度わかります。

 

マイナー店だとほとんど情報が出ていないこともありますが、それなりの規模であれば少し調べれば情報も出てきます。

 

通いやすいか?

アクセスが良いか、店舗が近くにあるかといった点も重要です。

 

通うのが大変で遅刻してしまい、1回消化扱いやキャンセル料がかかってしまうというケースも。
他のところが全部素晴らしくても、これが良くないなら選ぶべきではないと考えます。
例えば、先ほど紹介したプリートという脱毛サロンは東京・埼玉・神奈川にしかありません。

 

そのため、首都圏在住の人以外にはあまりおすすめできません。

 

関連ページ

医療レーザー脱毛のおすすめランキングについて
脱毛サロンのおすすめランキングについて
ケノンについて詳しく
ケノンのVIOについて
ケノンの剛毛への効果について
家庭用脱毛器のおすすめランキングについて
VIO脱毛のおすすめランキングについて

 

関連ページ

医療脱毛の効果
医療脱毛の効果はこんなにすごい!毛深い・剛毛さんには医療脱毛がおすすめ
背中脱毛では回数は何回で効果が出る?
背中脱毛では回数は何回で効果が出る?範囲はどう分かれるか?予約出来るか?選び方などをご紹介します。
VIO脱毛の効果までの回数と通う頻度は?
VIO脱毛の効果までの回数と通う頻度は?VIOの範囲の分け方と料金相場、選び方や痛みまでもご紹介します。
足脱毛の効果までの回数と通う頻度は?
足脱毛の効果までの回数と通う頻度は?足脱毛の範囲と選び方、料金相場をご紹介します。
顔脱毛の効果までの回数と通う頻度は?
顔脱毛の効果までの回数と通う頻度は?サロンの選び方や顔の脱毛範囲、料金相場やキャンペーンやメリット・デメリットについてご紹介します。