ケノンでVIO脱毛をするやり方や効果・回数等をご紹介

ケノンでVIO脱毛をするやり方や効果・回数等をご紹介

ケノンを使うと脱毛に通う必要なく、デリケートゾーンを見られる恥ずかしさなどの心配もありません。
そのため、「アンダーヘアに悩んでいるけど脱毛には通いたくない」という方にはぴったりの脱毛方法です。

 

中でもVIOはケノンなら自分でこっそり脱毛できるし恥ずかしくない♪と家庭用ならではの良さが感じられる部位です。

 

しかし、その反面脱毛のやり方が難しい部位でもあります。
今回はケノンを使ってVIO脱毛をするやり方を詳しく紹介するとともに、ケノンを使った脱毛のメリット・デメリットなどについても解説していきます。

 

ケノンでのVIO脱毛のやり方について

ケノンでVIO脱毛していく際は、まずシェービングを行うことから始めます。
残す範囲以外、つまりケノンで脱毛する部分以外はすべて処理ししていきます。

 

この時、ピンセットなどを使って「抜く行為」は脱毛効果をなくしてしまうため絶対にやめましょう。
お肌に負担のすくない電動シェーバーでの処理が理想ですが、なければカミソリを使って剃っていきましょう。
剃るときには、毛並みに逆らわずに剃るということを心がけましょう。

 

毛並みに逆らってしまうと、傷になったり出血する恐れがあります。
もし毛が長くて電動シェーバーやカミソリに絡まってうまく剃れなければ、軽くハサミでカットしてから剃っていきます。

 

シェービングの際のVIOの毛の形について

好きな形・大きさに剃っていきますが、どんな形にすれば良いのかわからないという方には、

  • Vラインはショーツから出ないくらいの小さめの逆三角形
  • Iライン・Oラインは全部無くす

形がおすすめです。

 

Vラインはあなたの持っているショーツの中で最も面積が小さいものを目安にしてみると良いと思います。
もし、小さくしすぎたと心配になったとしても、1回の脱毛で毛が生えてこなくなるわけではないので安心してくださいね。3〜5回目くらいまではまだまだムダ毛が生えてくるので大きさや形の調整は可能です。

 

Iラインは全部無くすのが清潔感があって人気です。
毛がなくなることで、臭いを防ぐこともできますし、生理の時のムレも改善されます。

 

ケノン脱毛で痛みを少なくするコツ
シェービングが完了するとアイスノンや氷嚢を用意します。
VIOはしっかりと濃い毛が生えますし、とてもデリケートな部分なので痛みを強く感じてしまう方も多いです。

 

ケノンで照射する前に、脱毛部位を冷やしておくことで痛みを和らげることができます。

 

VIOを一度に全部冷やすのではなく、Vラインを冷やす→照射、Iライン片側を冷やす→照射と冷却を順番に行っていくことがポイントです。

 

ここからは部位ごとに分けて紹介していきます。

 

Vライン脱毛のやり方

Vラインを照射する場合には、照射レベルを5〜8の間でまずは試してみるのがおすすめ。

 

毛がしっかりと生えている部分ほど痛みが強くなるため、痛みに耐えられるかを確認しながら慎重に当てていきましょう。
初めは弱いレベルからスタートして、痛みに問題なければ徐々にレベルをあげていくと安心です。

 

Iライン脱毛のやり方

Vラインの脱毛後にしっかりと冷やしてからIラインも脱毛していきます。Iラインを脱毛するときにはやりやすい体勢を見つけることが必要です。
のぞき込んだ状態で行うのは少難しいため、鏡を前において、足を広げた開脚の体勢で行うと楽に照射できます。
恥ずかしい体勢ではありますが、安全に行うためなのでしっかり意識してみてくださいね。

 

Iラインの痛みを少なくする方法
照射レベルは5〜8がおすすめです。ただ、いきなりその強さで照射すると、強い痛みを感じることも危険性もあるため、まずは1〜3あたりで様子を見ながらレベルを上げていくのがおすすめです。
足の付け根側から照射していき、徐々に内側へと移動していきます。
光脱毛はメラニンに反応するため、Iラインの色素沈着している部分へは脱毛時に強い痛みを感じるかもしれません。
始めから無理をせずにゆっくり行いましょう。

 

Oライン脱毛のやり方

Oラインを行うときも体勢に困ってしまう方が多いかもしれません。
Iラインと同じ開脚の体勢では手が届かないし鏡を使ってもうまく見えないと思うので、今度は鏡を床に置いて脱毛していきましょう。

 

そして和式トイレのように座り込んで、鏡を跨いだ体勢が一番やりやすいです。
片方の手でケノンを持ち、もう片方の手でお尻を引っ張りましょう。
体勢をしっかりと整えてから照射をしていきます。

 

Iライン同様、5〜8が効果を実感しやすいですが初めは様子を見ながら低いレベルから調整すると安心です。

 

ケノンでVIO脱毛の効果までの回数・頻度は?

ケノンでVIO脱毛の効果がでる回数は、毛質や照射レベル、肌状態によっても異なりますが、だいたい6〜10回くらいが目安になります。
ツルツルになるまでは、15〜18回くらいの脱毛回数は必要になるでしょう。
特にIラインは色素沈着しているので毛がしぶとく生えてくる場合があります。

 

脱毛頻度としては肌への負担も考えると2週間間隔での照射がおすすめです。
少しずつ毛が生えてくるまでの時間が遅くなると、3〜4週間と間隔を広げると効果的です。

 

ケノンでのVIO脱毛のメリット・デメリット

ケノンのVIO脱毛のメリット

ケノンは使用者の満足度も高く、メリットが多いことは明らかです。
主なメリットは、

  • 恥ずかしさがない
  • 好きなタイミングで脱毛できる
  • 痛みの調整を自分でできる

の3点です。

 

・恥ずかしさがない
特にVIO脱毛に関しては、ケノンなら「自分で脱毛するので、誰に見られることもなく恥ずかしくない」とデリケートな部分だからこそ感じるメリットがあります。

 

・好きなタイミングで脱毛できる
さらに、通う手間が省けるのもケノンだからこそのメリットです。
脱毛サロンでは脱毛完了までに平均12〜18回、医療脱毛では平均5〜8回通わないといけません。

 

希望日に予約が取れないサロンやクリニックもあり、忙しい方の場合、タイミングが合わずに通えなくて思うように効果を得られないケースもあります。

 

また、生理と重なった場合でも数カ月前から抑えていた予約を変更することになってしまいますが、ケノンなら「自分の好きな時に好きなタイミングで」脱毛することができます。

 

・痛みの調整を自分でできる
そして痛みが強いアンダーヘアだからこそ、自分でレベルを調節できるのもメリットといえます。

 

サロンやクリニックだと「スタッフさんに遠慮してしまって痛みをひたすら我慢していた」なんていうことも多いです。

 

自分で行うセルフ脱毛だからこそ、痛みの調節まで行えて無理なく脱毛することができるのです。

 

ケノンのVIO脱毛のデメリット

ケノンでVIO脱毛を行うことのデメリットとしては、

  • 自分で処理しきれない部分がある
  • 医療脱毛よりも効果が低い

 

・自分で処理しきれない部分がある
ケノンを使うデメリットとしては手の届かない部分は自分で処理しきれないという点が挙げられます。
脱毛サロン・医療脱毛の場合には、スタッフさんに施術してもらえるため、どんな部位でもきれいにお手入れしてもらうことができますよね。
しかし、上記のVIO脱毛のやり方でも紹介したように、ケノンの場合はIラインやOラインの脱毛は慣れるまで少し苦労することもあります。。
・医療脱毛よりも効果が低い
そしてもう一つのデメリットは医療脱毛と比較した場合に脱毛効果に大きな差がでるということです。

 

脱毛サロンとケノンは同じ光脱毛で、永久脱毛ではありません。
もちろん脱毛し続けることで抑毛・減毛し、毛が生えてこないレベルの脱毛効果も期待できます。
しかし、その状態を永久的にキープするのは難しいといわれています。
一度毛が生えてこなくなった部分でも、しばらくすると毛が再生する可能性があるのです。

 

医療脱毛は毛根の細胞を破壊する医療行為が行えるので永久脱毛効果を期待できますが、ケノンの場合には永久脱毛とは言えないため、デメリットだと感じる方も多いのではないでしょうか。

 

ケノンではいつでもお手入れ可能
ただ、ケノンの場合はいつでもあなたのタイミングで、万が一再生した場合でもいつでも脱毛できます。
永久的に脱毛し続けることがケノンのメリットということもできます。

 

ケノンのVIO脱毛に関するQ&A

ケノンで脱毛を行う際に気になることをQ&A方式で解説していきます。

 

埋もれ毛(埋没毛)になることはないの?

ケノンを使ったからといって埋もれ毛になることはありません。
埋もれ毛は、毛を抜く行為によって皮膚の中で切れてしまったり、乾燥が原因で古い角質が肌表面に残ってしまう状態によって起きる症状です。
したがってケノンを使ったからといって、埋もれ毛になるわけではありません。
ただ、照射後の肌は乾燥しやすくなるので保湿をしっかり行い埋もれ毛予防をしておくことが大切です。

 

ケノンで赤みや炎症は出る?

照射直後は赤みが出ることはありますが、それでも数時間で消えるものであれば問題ありません。

 

数日たっても引かない赤みや炎症が起きてしまった場合は、火傷などの肌トラブルを起こしている可能性があります。
このような肌トラブルを防ぐためには「照射テスト」を行うことが大切です。

 

照射レベルに肌が耐えられるかどうか腕や手の甲などでチェックをしてから使用すると安心です。
VIOへの施術も初めから強いレベルで照射するのではなく、徐々にレベルを上げるようにすれば、赤みや炎症がひどくなるのを防ぐことができます。

 

敏感肌でもケノンで脱毛できる?

敏感肌の方でもケノンを使って脱毛することは可能です。
ただ、必ず照射テストを行って肌に異常がないかどうかをチェックしてから脱毛をするようにしましょう。

 

照射テストで問題がなければ、弱いレベルで様子を見ながら照射をしていきます。
もし肌荒れしている部分や、傷になっている部分があればその部分は避けるようにしましょう。

 

また、生理前や生理中はとくに肌が敏感になりやすいので、生理期間は避けて脱毛するのがおすすめです。

 

 

関連ページ

ケノンで背中脱毛を一人でできる?やり方・回数・レベル、うなじの脱毛方法
ケノンで背中脱毛をする方法や回数、レベルなどをご紹介していきます。
ケノンは顔の産毛脱毛に効果なし?顔脱毛のやり方や使い方
美顔器ケノンでの顔脱毛の効果について解説していきます。シミやニキビ、たるみ、ほうれい線などに効果があるのかないのか等、まとめました。
ケノン美顔器の効果的な使い方!シミやそばかす・ニキビ解消に効果ない?
ケノンには美顔効果があるのかないのか、解説していきます。
ケノンは剛毛の男女に効果ない?脱毛効果を徹底検証
ケノンは剛毛な男性、女性に脱毛効果を発揮するのかどうかについて解説していきます。ひげやすね毛が剛毛な人でもケノンで脱毛できるのでしょうか。
ケノンのカートリッジの種類と特徴!4種類の使い分けについて
家庭用脱毛器「ケノン」の4種類のカートリッジの特徴や使い方について解説していきます。
ケノンの部位ごとのレベルの目安について!効果や痛みにも着目
ケノンで脱毛をする際の照射レベルの目安を顔や脇などの部位別で解説していきます。
ケノンでシミができたり増えたりする?美肌効果はないの?
家庭用脱毛器ケノンでシミができた、シミが増えたという口コミもあります。一方でシミが消えたという口コミもあります。ケノン美顔器の効果はあるのでしょうか?詳しく解説していきます。
ケノンで埋没毛・黒ずみが治る?効果的な使い方とは
家庭用脱毛器「ケノン」で埋没毛や黒ずみを解消することができるのか解説していきます。