ケノンで背中脱毛を一人でできる?やり方・回数・レベル、うなじの脱毛方法

ケノンで背中脱毛を一人でできる?やり方・回数・レベル、うなじの脱毛方法

ケノンで背中脱毛

 

家庭用脱毛器「ケノン」でこっそり脱毛してツルツル肌にしている方も最近は多いですよね。
脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通わずに脱毛できるためとても便利ですが、その反面「どうしても自分で脱毛するのに大変な部位」もあります。

 

ケノンを使って多くの方が苦戦するのが「背中」だと思います。
体が柔らかく手が届くという方ももちろんいらっしゃると思いますが、体が硬いとケノンでの背中脱毛には慣れるまで時間がかかるかもしれません。

 

今回はケノンを使った背中脱毛の方法や効果、注意点について紹介していきます。

 

ケノンで背中の脱毛を一人でできる?

ケノンを使って自分一人きりで背中を脱毛するのには脱毛技術よりも体の硬さが関わってきます。
体が柔らかくて、背中まで簡単に手が回せる方なら自分でもうまく脱毛できるものの、体が硬いとそれも難しいかもしれません。

 

まったく背中に手が回らない場合には、自分で脱毛するのは諦めてどなたか頼める方にお願いすると良いでしょう。
または、手の届く範囲のみ処理していくことになります。

 

自分で背中を脱毛するコツ
自分で背中を脱毛する場合には鏡を使って脱毛するのがおすすめです。
なんといっても自分では目で直接確認できない部位ですから、鏡を通して確認しながら行いましょう。
慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば案外サクッと脱毛できるようになります。

 

ケノンのレベルや脱毛方法について

背中の毛が目立つという方でも、毛自体は細い場合が多いです。

 

ケノンでの脱毛方法

 

1 シェービングを行う
まず脱毛前にはシェービングを行います。

 

毛が細く見えにくいこともあるので、明るい場所で毛の状況をよく見ながら行いましょう。
毛が残っていると火傷をしてしまう危険性もあるため、照射する範囲はしっかりと処理していきます。

 

2 冷やす
ムダ毛の処理ができたら、脱毛部位を冷やしていきます。
背中全面一度に冷やすのではなく、範囲を分けて冷やしていくことがコツ。

 

ケノンの照射前に背中を冷やす

 

3 照射
しっかりと冷やすことができたら照射をしていきます。

 

毛質が細い場合には、脱毛器が色素の判別をしずらくなってしまうので高い出力で照射をした方が効果的です。

 

ケノンの最大出力はレベル10になるので10で照射するのが一番効率よく脱毛できることになります。
ただ、いきなりレベル10で照射すると痛みが強い場合もあるので、まずは小さいレベルから徐々に出力を上げていくと安心です。

 

レベルを上げていっても痛みをあまり感じないようであればレベルを上げて照射していきましょう。

 

ケノンの背中脱毛の頻度について

ケノンの背中脱毛は、2週間に1回程度の頻度で行うのがおすすめです。
脱毛は間隔をあけすぎても詰めすぎても効果が変化する可能性があります。

 

・間隔を詰めすぎた場合
肌への負担が大きくなり、その割には脱毛効果を出すことはなく、無駄打ちになる可能性があります。

 

・間隔をあけすぎた場合
せっかくダメージを与えた毛根が再生してしまうので脱毛前の状態に戻ってしまうかもしれません。

 

したがって、2〜4週間の間隔をキープし、効果が出るまでケノンでの脱毛を続けるようにしましょう。
効果が出始めて、毛の量が少なくなってくると、徐々に照射回数を減らすこともでき、最終的には脱毛しなくてムダ毛が気にならなくなるでしょう。

 

ケノンの効果が出るまでの回数は?

効果が出るまでの回数としてまずは10回くらいを目安にしておくと良いでしょう。

 

2週間に1回脱毛する場合、約5カ月になります。
自分では普段みることのない部位なので効果が出たかどうか判断をしやすくするためにも、写真などで残しておくと後で比較しやすくておすすめです。

 

そして、先ほど少しお話したように、背中は腕や足に比べて毛が細い部位です。
そのため実際に効果が出るまで時間がかかってしまう場合もあります。

 

脱毛効果や回数には個人差がありますが、とにかく継続していくことが大切です。
照射のレベルも調整しながら、継続して脱毛をしていくようにしましょう。

 

ケノンでのうなじ脱毛のやり方について

うなじ脱毛をするときには鏡を準備するようにしましょう。
三面鏡など横からも確認できるものであればやりやすいのでおすすめです。

 

ケノンでうなじ脱毛をする際のコツ

他の部位脱毛同様、脱毛前にシェービングすることからスタートします。
ただ、うなじのどの範囲を剃ればよいのか良くわからないという方が多いと思います。

 

うなじを処理する時のコツとしては、まず髪の毛を高い位置でくくると良いです。
髪の毛が短い方はヘアバンドなどを使って髪の毛全体が上方向に向いた状態でキープします。

 

そうすると、髪の毛と産毛の境目が確認できるようになります。

 

失敗しないうなじ脱毛のポイント

ケノンでうなじを脱毛するときには、以下のポイントを抑えておくと安心です。

  • 髪の毛とムダ毛の部分を分ける
  • 電気シェーバーを使う
  • 弱いレベルから照射していく

しっかりと髪の毛部分とムダ毛部分を分けておかないと、髪の毛まで剃ってしまうことになります。
万が一髪の毛部分を照射したらかなり強い痛みになるので注意してくださいね。

 

基本的には髪の毛部分は触らない方が自然なので、ムダ毛だと判断できる部分のみを脱毛していくことがコツです。

 

そして剃るのにはカミソリではなく必ず電動シェーバーを使いましょう。
背中もうなじも手を伸ばしたり回したりしながらする部位になるので、カミソリでの処理はリスクを伴います。
電動シェーバーで焦らずに時間をかけて処理することが失敗を防ぐことに繋がります。

 

シェービングをした後は、冷やしてからケノンで照射していきます。
髪の毛に近い部分はすこし痛みが強くなることもあるので、良く冷やすこと、そしてレベルを少し弱めで様子を見ながらあげていくことを心がけましょう。

 

ケノンの便利な機能を使って背中脱毛をしよう

ご存知の方も多いかもしれませんが、ケノンには便利な機能がついています。
使いこなすことで手の届きにくい部位も脱毛しやすくなったり、施術時間の短縮につながります。

 

オートモード機能

ケノンは、電源を入れ、照射ボタンを押すだけで脱毛できるため使いやすい脱毛マシンです。

 

さらにケノンのオートモード機能を使えば、照射ボタンを押すことなく脱毛することができるようになります。
肌にカートリッジが当たることで自動的に光を照射してくれる機能なので、電源さえ入れれば脱毛できるということです。

 

背中やうなじのように脱毛しずらい部分だと、自分で照射していくのは大変な作業になります。
そんな時にはこのオートモードを使ってひとつ工程を省くだけでずいぶんと楽になるのでおすすめですよ。

 

スライド照射機能

スライド照射機能とは、ケノンを肌に滑らせていくだけで脱毛できる機能のことです。
毎回照射位置を確認せずに滑らすだけで脱毛していけるのでとても便利です。

 

背中のように見えない部分では、直前に照射した部位と重ならないように、そして隙間が空かないようにカートリッジをセットするのはなかなか大変です。
そんな時はスライド照射機能を使うと、綺麗に脱毛できて時間短縮にもつながります。

 

ケノンで背中脱毛の注意点

最後にケノンで背中脱毛するときの注意点もご紹介しておきます。

 

背中ニキビがある場合の施術方法

背中の肌状態があまりよくなく、背中ニキビができていることもあるかもしれません。
膿んでいて炎症をしているニキビの上を照射するのは危険です。

 

火傷や傷跡を作る原因にもなりかねません。
状態が酷ければ改善されるなるまでその部分を避けて脱毛するようにしましょう。

 

そして、落ち着いてから照射を行っていきます。
炎症は落ちついていてもまだ赤みがあったりすると痛みが強くなることもあるので低いレベルから様子を見つつ脱毛していきましょう。

 

背中ニキビの原因って何?
背中ニキビの原因には

  • シャンプーやボディソープの洗い残し
  • ホルモンバランス
  • 生活習慣

など様々な原因が考えられますが、背中の毛が原因になっているケースも少なくありません。

 

産毛に汚れやボディソープなどが付着し、毛穴に入って炎症を起こしてしまうのです。
毛がなくなることで汚れが付きにくく、ボディーソープやシャンプーも残りにくくなることもあり、背中ニキビが改善されたという方もたくさんいらっしゃるようです。

 

炎症が収まった部位から脱毛し、毛もニキビもないきれいな背中を目指しましょう。

 

施術前後の注意点やケア方法

施術後の肌はとても乾燥しやすくなっています。
そのままにしておくと、肌トラブルを引き起こす原因になってしまうこともあります。

 

また、保湿をしておくことで毛の抜けもよくなり脱毛効果をアップさせることもできます。
したがって脱毛後は必ず保湿ケアを行うようにしましょう。

 

背中は手が届きにくいというため、あまり保湿していない人も多いです。
もし手が届かない場合には、ミストスプレーなどを使ってしましょう。
普段使っている化粧水を100円均一などで売っているミスト容器に入れ替えて背中に吹きかけるのもOKですし、あたらしく購入するのでもどちらでもOKです。
本来であれば化粧水後にボディクリームや乳液で蓋をしてあげるのが理想ですが、化粧水をしておくだけでも何もしないよりかは断然良いです。
手が届かないとあきらめていた方も、ぜひ試してみてください。

 

 

関連ページ

ケノンでVIO脱毛をするやり方や効果・回数等をご紹介
ケノンでVIO脱毛をするやり方や脱毛効果、回数などを解説していきます。
ケノンは顔の産毛脱毛に効果なし?顔脱毛のやり方や使い方
美顔器ケノンでの顔脱毛の効果について解説していきます。シミやニキビ、たるみ、ほうれい線などに効果があるのかないのか等、まとめました。
ケノン美顔器の効果的な使い方!シミやそばかす・ニキビ解消に効果ない?
ケノンには美顔効果があるのかないのか、解説していきます。
ケノンは剛毛の男女に効果ない?脱毛効果を徹底検証
ケノンは剛毛な男性、女性に脱毛効果を発揮するのかどうかについて解説していきます。ひげやすね毛が剛毛な人でもケノンで脱毛できるのでしょうか。
ケノンのカートリッジの種類と特徴!4種類の使い分けについて
家庭用脱毛器「ケノン」の4種類のカートリッジの特徴や使い方について解説していきます。
ケノンの部位ごとのレベルの目安について!効果や痛みにも着目
ケノンで脱毛をする際の照射レベルの目安を顔や脇などの部位別で解説していきます。
ケノンでシミができたり増えたりする?美肌効果はないの?
家庭用脱毛器ケノンでシミができた、シミが増えたという口コミもあります。一方でシミが消えたという口コミもあります。ケノン美顔器の効果はあるのでしょうか?詳しく解説していきます。
ケノンで埋没毛・黒ずみが治る?効果的な使い方とは
家庭用脱毛器「ケノン」で埋没毛や黒ずみを解消することができるのか解説していきます。