ケノン美顔器の効果的な使い方!シミやそばかす・ニキビ解消に効果ない?

ケノン美顔器の効果的な使い方!シミやそばかす・ニキビ解消に効果ない?

ケノンの顔脱毛

 

脱毛だけでなくエステ級の美顔効果もあるといわれてる「ケノン」。
手軽で簡単にムダ毛処理とフォトフェイシャルができると人気が高く、今最も売れている家電のうちのひとつです。
今回はケノンを美顔器として使用した場合の効果や使い方についてまとめてみました。

 

ケノンとは

ケノンとは家庭用脱毛器のことです。
カミソリやピンセットを使って繰り返し自己処理をしたり、肌を見せないように露出を控えるなどムダ毛で悩む人にとって「脱毛」はコンプレックスを解消してくれる唯一の方法です。
少し前までは脱毛したいならサロンやクリニックで契約しないといけませんでしたが、今は家庭用の脱毛器が発売され自宅で手軽に行うことができるようになりました。

 

家庭用脱毛器ケノン

 

人気の家庭用脱毛器「ケノン」

そして、たくさんある家庭用脱毛器の中でも、人気が高いのが「ケノン」です。
ケノンの脱毛方法は脱毛サロンと同じ光脱毛で、効果も高く、業務用の脱毛機とほとんどの差のない大きな照射口ので脱毛にかかる時間も短くすむのが特徴です。
ケノンを一度購入すれば、カートリッジ部分の交換さえすればずっと使い続けることができるので満足いくまで何回でも脱毛し続けることができる優れモノです。

 

カートリッジを使い分けられる

ケノンのカートリッジには4種類用意があり、毛の濃さや照射する部位の広さによってうまく使い分けることもできます。
カートリッジのひとつである「美顔カートリッジ」を使用すれば、家庭用脱毛を美顔器として使用することもできます。

 

ケノンを美顔器としても使用すれば「肌をきれいにしたい」「ムダ毛を無くしたい」と2つの希望を叶えることができるのです。

 

ケノンの美顔器とは?

ケノンの美顔器とは「美顔(スキンケア)カートリッジ」を付けたケノンのこと。

 

脱毛器として使用しているときと姿形は同じです。違うのはカートリッジ部分の色のみ。
美顔カートリッジはパステルピンク色になっています。

 

ケノンを美顔器として使用する場合には、まず美顔カートリッジを本体にセットしましょう。

 

ケノンの美顔カートリッジ

 

ケノンの美顔器の仕組みや特徴は?

ケノン美顔器の仕組みはIPL(インテンスパルスライト)と呼ばれる光にあります。
このIPLという光には、コラーゲン生成・ターンオーバーの活性化を促進させる働きがあります。

 

IPL脱毛という言葉を聞かれたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、大手エステサロン「銀座カラー」や「キレイモ」もIPLを使用しており、フォトフェイシャル効果はもちろん脱毛効果もある特殊な光です。

 

つまりケノン美顔器を使えば、銀座カラーやキレイモのようなエステサロン同様、脱毛とフォトフェイシャルが同時に受けられるということ。
ケノン美顔器が「エステ級の効果」と呼ばれる理由はここにあるのです。

 

シミ・毛穴・ニキビにも効果あり?

コラーゲンが生成・ターンオーバーが活性化されることでたくさんの肌トラブルを改善することができます。

 

毎日お化粧水や美容液などを付けてケアされている方がほとんどだと思いますが、赤ちゃんのようなもちもちっとした透明感のある肌になるには、コラーゲンを内側から作り出すこともとても大事です。
コラーゲンが生成されると、お肌にハリを与えることができますし、シワやたるみの改善につながります。

ターンオーバーとは
ターンオーバーとはお肌の新陳代謝のこと。
本来28日サイクルが理想ですが、年齢とともにどんどん遅くなっていき、30〜40代では45日ほど空いてしまうこともあるといわれています。

新陳代謝が悪くなった肌は、老廃物や古い角質が落ちにくくなり、シミやニキビなどの原因になってしまうのです。

 

また、毛穴の汚れや開きは顔の産毛が原因になっていることも。
顔の毛はかなり細く色素も薄いので目立たず、あまり生えていないと感じている方も多いのですが、人間の体の中では髪の毛に次いで毛の量が多くが生えていると言われています。
顔の産毛に汚れが付着し、毛穴に入ってしまって毛穴の汚れになっていたり、毛があることによって毛穴が開いたりしていることがあります。

 

しかし、毛がなくなることで、毛穴の汚れや毛穴の開きの改善にも効果を期待できます。

 

ケノン美顔器を使えば多くの肌トラブルを改善することができるのです。

 

ケノンのスキンケア用カートリッジの使い方

では、次にケノン美顔器の使い方を紹介していきます。

 

@洗顔する
ケノン美顔器を使用するときには、必ず洗顔を行います。
化粧や日焼け止めはもちろん、顔についているほこりや汚れを落としておきましょう。

 

A冷やす
ケノンを美顔器として使用するときは冷やさなくてもOKだと思ってしまわれる方も多いようなのですが、必ず冷やしましょう。
付属の保冷剤でも、ご自身で用意されたものでもなんでもOKです。
全体を一度に冷やすのではなく、狭い範囲を冷やす→照射を繰り返していきましょう。

 

Bゴーグルをかける
ケノンに限った話ではありませんが、脱毛時の光はかなりまぶしいものです。
光を直視してしまうと、しばらくの間視界が白くぼやけて見えたり、太陽を直視したあとのようにクラっとしてしまうこともありますのでかならずゴーグルをつけましょう。

 

C本体を「スキンケアモード」に設定する
本体のカートリッジをスキンケアカートリッジに変更したあと、本体の設定を「スキンケアモード」に変更しましょう。

 

D照射スタート
スキンケアモードに設定したら照射を開始します。
レベルは1からスタートしましょう。
レベル5〜7くらいでの照射が望ましいですが、痛みの感じ方や光の衝撃の受け方には個人差があります。
肌の乾燥程度、冷やし方によって感じ方が異なるのです。
照射部位が顔と一番トラブルを避けたい部位なので、必ずレベル1から徐々に上げていき様子を見ながら照射していきましょう。
たん発ずつの照射でも、連射でもどちらでもOKなので、当てやすい方で行いましょう。

 

E照射後のケア
照射後には必ずケアを行いましょう。
照射後すぐに冷やし、その後保湿します。
保湿は化粧水→乳液など普段あなたが行っているスキンケアを使って問題ありませんが、脱毛直後は肌が乾燥しやすくなるので、いつもより念入りにたっぷりと保湿してあげましょう。

 

ほくろ、そばかす、アトピーへの対応

ケノン美顔器を使うときに、ほくろやそばかす・アトピーなどでも問題ないのか心配される方もいらっしゃると思います。

 

【ほくろ】
ケノンを使って脱毛する場合にはほくろは保護シールを使うなどして避けて施術しないと火傷の危険性がありますが、美顔器の場合にはほくろの上も照射OKです。

 

ただ濃い大きなほくろの上は照射時に少し痛みが強くなることもありますので、しっかりと脱毛前後に冷やすようにしましょう。

 

ほくろはケノン美顔器を使用し続けることで、薄いほくろであれば消えるなどの効果が現れることもあります。
逆に言えば残しておきたいほくろがあれば、その部分は照射しない方が良いでしょう。

 

【そばかす】
そばかすも照射OK。

 

ケノン美顔器の効果でそばかすが薄くなっていくことも十分にありえます。
そしてそばかす部分もすこし痛みが強くなることもあるので、しっかりと冷却するのを忘れないようにしましょう。

 

【アトピー】
IPLは肌に負担もすくない光なのでアトピーの方でもケノン美顔器を使用することはできます。

 

ただ、ひどく荒れていたりかゆみがある部分の上には照射は控えておくのがベスト。
症状が酷くなってしまう可能性があります。

 

また、症状が出ていない場合でも照射後にかゆみが出たりする可能性もないと言い切ることはできません。
まずは弱いレベルで様子を見ながら照射を行うようにしましょう。

 

ケノンの美顔器を使う頻度と使い方、効果の回数や持続期間などもご紹介

脱毛で使用する場合には肌への負担も考慮して2週間あけるのがおすすめなのですが、ケノンの美顔器であれば1週間に一度くらいの頻度で使用するのがおすすめ。

 

ですが、お肌を活性化するからといって毎日使用するのはNGです。
やりすぎは返って肌に負担がかかってしまうので1週間はあけるようにしましょう。

 

効果を実感するようになるのは3回目以降あたりから。

 

1回目や2回目でも肌が全体的に明るくなるなどの効果を実感できることもあるかと思いますが、本格的に「あれ?変わった?」と感じるのは1週間に1回使用して3〜4回目になります。

 

仮に1ヶ月に1回しか使用しなかったとすると、交換実感までもう少し多くの回数が必要になることもあります。
1週間に1回、2週間に1回など定期的に継続して行うことでより効果を持続させることができるようになります。

 

フォトフェイシャル美顔器と比較した際のケノンの美顔器の効果

 

ケノンは脱毛としても使えるんだし、「美顔器」としての効果は弱いのでは?と他の美顔器と比較するとフォトフェイシャル効果が薄いのではと心配される方も多いと思います。

 

結論から述べますが、効果は他の美顔器と比べてまったく劣りません。

 

もちろん美顔器にも超音波・イオン導入・EMSなどたくさんの種類があるので肌トラブルに対する向き不向きがありますが、ケノン美顔器のIPLプラッシュはバランスよく肌トラブルにアプローチできる美顔器です。

 

実際にIPLはクリニックのフォトフェイシャルとしても使用されるほど効果のあるものなので、ケノンは脱毛だけでなく美顔器としての効果も高いものだといえます。

 

他社の美顔器機能付き家庭用脱毛器と比較したケノン美顔器のメリット・デメリット

ケノン以外にも美顔機能付きの家庭用脱毛器は販売されています。
人気があるのは、ローワン・ラヴィあたりでしょうか。

 

美顔機能付きの脱毛器で悩まれてる方も多いと思うので、ケノン・ローワン・ラヴィを比較してみましたが、この3つの中であればケノンがおすすめという結果になりました。

 

その理由をメリット・デメリットで紹介していきたいと思います。

ローワン・ラヴィと比較したケノン美顔器のメリット

ケノンのメリットには照射面積の広さ、レベルの幅広さがあげられます。
カートリッジが大きく照射面積が広いので、施術にかかる時間を短くすることができます。

 

そして、レベルも0〜10段階で調節できるという点。
ローワンは8段階、ラヴィは7段階とレベルの調節幅がケノンに比べると狭くなってしまいます。
顔のように慎重に行いたい部位は細かくレベルを上げていける方が良いので、ケノンの10段階はとても便利です。

 

ローワン・ラヴィと比較したケノン美顔器のデメリット

ローワン・ラヴィと比較してデメリットになるのは本体価格のみ。
この3つの中ではケノンが本体価格が最も高いのです。

 

ですが、ケノンのカートリッジはかなり持ちが良く20年以上使えるものも付属で初めからセットになっているので、カートリッジ交換費用や購入の手間は不要です。

 

本体価格としてはケノンは高いと感じてしまうかもしれませんが、長く使い続けるのであれば結果的にはケノンの方が安くコスパがよかったということは十分考えられます。
ただ、初期費用を少しでも抑えたいという方にはデメリットになるといえるでしょう。

関連ページ

ケノンで背中脱毛を一人でできる?やり方・回数・レベル、うなじの脱毛方法
ケノンで背中脱毛をする方法や回数、レベルなどをご紹介していきます。
ケノンでVIO脱毛をするやり方や効果・回数等をご紹介
ケノンでVIO脱毛をするやり方や脱毛効果、回数などを解説していきます。
ケノンは顔の産毛脱毛に効果なし?顔脱毛のやり方や使い方
美顔器ケノンでの顔脱毛の効果について解説していきます。シミやニキビ、たるみ、ほうれい線などに効果があるのかないのか等、まとめました。
ケノンは剛毛の男女に効果ない?脱毛効果を徹底検証
ケノンは剛毛な男性、女性に脱毛効果を発揮するのかどうかについて解説していきます。ひげやすね毛が剛毛な人でもケノンで脱毛できるのでしょうか。
ケノンのカートリッジの種類と特徴!4種類の使い分けについて
家庭用脱毛器「ケノン」の4種類のカートリッジの特徴や使い方について解説していきます。
ケノンの部位ごとのレベルの目安について!効果や痛みにも着目
ケノンで脱毛をする際の照射レベルの目安を顔や脇などの部位別で解説していきます。
ケノンでシミができたり増えたりする?美肌効果はないの?
家庭用脱毛器ケノンでシミができた、シミが増えたという口コミもあります。一方でシミが消えたという口コミもあります。ケノン美顔器の効果はあるのでしょうか?詳しく解説していきます。
ケノンで埋没毛・黒ずみが治る?効果的な使い方とは
家庭用脱毛器「ケノン」で埋没毛や黒ずみを解消することができるのか解説していきます。