医療脱毛機の種類

医療脱毛の脱毛器の特徴をご紹介♪それぞれの脱毛器の効果や痛みはどれくらいなの?

医療脱毛で使われているレーザー脱毛器にも実は種類があります。
使われている脱毛器によって脱毛効果も異なるのをご存知でしょうか。

 

脱毛クリニックによっても採用している脱毛器が違うので、脱毛申し込み前に自分の通う脱毛クリニックでどの脱毛器が使用されているのかチェックしておきましょう。

 

脱毛機

 

医療脱毛の特徴は?効果や痛み

レーザー脱毛を使用できるのは医師や看護師など、医学的な知識を持った人のみに限られています。

 

ですので医療脱毛では光脱毛では使えない高い出力で高い脱毛効果のある脱毛器を使用することが出来ます。

 

レーザーは様々な波長を人工的に組み合わせて作られた光の1種で、毛根や発毛組織に選択的にダメージを与えることで脱毛を促すことが出来ます。
光脱毛よりも出力が強い分痛みも感じやすいですが、その分脱毛効果も光脱毛の2倍から3倍と言われています。

 

看護師

 

代表的な脱毛器は?ジェントルレーズなど

レーザー脱毛で使用される具体的な脱毛器は、ジェントルレーズ、ライトシェアデュエット、メディオスターNeXT、ジェントルヤグなどです。
ジェントルレーズは日本では一番広く脱毛業界で利用されているレーザー脱毛器で、ロングパルスアレキサンドライトレーザーを使用しています。

 

照射時に冷却ガスを皮膚表面に照射しながら施術していくので、冷却ジェルを使用する必要がなく、肌への負担も軽減しながら脱毛を進めていくことが出来ます。
ライトシェアデュエットはダイオードレーザーを使用したレーザー脱毛器で、施術時に照射口が肌に吸引するシステムになっております。

 

ジェントルレーズプロ

 

照射口と照射面を最大限に近づけることが出来るため肌への負担も少なく、高い脱毛効果が認められた脱毛器です。

 

メディオスターNeXTはまだ新しい脱毛器で、メラニン色素に反応して脱毛を促すのではなく、毛の幹細胞のバルジ領域と言われる、いわば毛の工場にダメージを与えることで脱毛を促す仕組みになっています。
肌が元々黒い人でも低リスクで脱毛を行うことが出来、施術時の痛みも少ないことで人気の脱毛器です。

 

ジェントルYAGはYAGレーザーを使用した脱毛器で、他の脱毛器とは異なり波長が長いため日焼けしてしまった後の肌でも脱毛を受けることができます。

 

日焼け脱毛

それぞれの特徴が違うので、自分の脱毛プランや目的に合った脱毛器を利用できる医療脱毛をチョイスしましょう。

 

ダイオードレーザーの特徴は?効果や痛み、種類など

ダイオードレーザーは人により波長の変更が出来るようになっています。

 

脱毛効果は高く、顔や背中の産毛にも高い脱毛効果を期待できるのが特徴です。
日焼けした肌でも脱毛することが出来るので、日焼けしやすい夏の間も安心して継続して全身脱毛をすることが出来ます。

 

ビキニラインの脱毛

 

脱毛時の痛みも照射口の冷却装置により軽減されていますが、VIOなど皮膚が薄く、毛が濃い部分は強い痛みを感じる場合もあります。
クリニックによっては麻酔クリームを使用してくれるところもあるので、痛みに耐えられない場合は出力の調節や麻酔クリームの使用を検討してもらいましょう。

 

ダイオードレーザーの種類はいくつかありますが、代表的なものはライトシェアデュエット、メディオスターNeXT PROです。

 

アレキサンドライトレーザーの特徴は?効果や痛み

アレキサンドライトレーザーは厚生労働省にも認定されている安全性の高い脱毛器です。

 

脱毛効果が高いだけでなく、美肌効果も期待出来るとされており、シミやニキビ跡改善も期待できます。
産毛に対する脱毛効果はダイオードレーザーに負けますが、施術時の痛みはダイオードレーザーよりも優しいです。

 

シミ

アレキサンドライトレーザーも照射口に冷却装置が付いており、ジェルを使用する必要がありません。

 

痛みが心配な人は実際に施術に移る前にパッチテストを行ってもらうといいでしょう。
代表的なものはジェントルレーズ、アポジーエリート、G-MAXです。

 

医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛は何よりその高い脱毛効果がメリットです。

 

光脱毛の倍のスピードで脱毛を完了させることが出来ます。

 

1回の施術でも十分脱毛効果を感じることが出来るので、何度も脱毛に通うのが面倒だと思う人や、早く脱毛を卒業したいという人に向いている脱毛方法です。

 

医療レーザー脱毛

 

脱毛施術時の痛みがデメリットとして挙げられますが、脱毛クリニックでは医療従事者による施術になるためクリニックによっては麻酔の併用もできます。
麻酔である程度痛みがコントロール出来るようになれば、脱毛効果も目に見えて分かるので脱毛が楽しくなってくるはずです。

 

施術をするのも医学的知識を持った医師や看護師になるので、肌トラブルなどの問題が発生したときもすぐに処置してもらうことが出来、薬の処方などもその場で行えます。

 

肌トラブルが起こることは基本的にはありませんが、万が一に備えて安心は第一ですよね。
金銭的にも脱毛サロンの倍程度の料金設定にあるので、ある程度まとまった貯金が必要になりますが、お金に余裕のある人は医療脱毛もおススメです。

 

医療脱毛機の種類記事一覧

ジェントルYAGレーザー

ジェントルYAGとはアメリカのシネロン・キャンデラ社が開発したレーザー脱毛器です。サロン脱毛で利用される光脱毛器と区別され、医療機関で使用されるレーザー脱毛器の1つに分類されます。一般的なレーザー脱毛器や光脱毛器では肌の浅い層のメラニンに反応して脱毛を促す仕組みになっているため、日焼けしてしまった肌...

≫続きを読む

ライトシェアデュエット

アメリカのルミナス社で開発されたレーザー脱毛器の1つで、世界的にも永久脱毛出来る脱毛器として認められ世界中で幅広く使用されています。日本人の肌にも相性が良く、日本の脱毛クリニックで一番広く採用されているレーザー脱毛器の一つです。照射ヘッドも35o×22oとかなり大きく、従来の脱毛器と比較しても10倍...

≫続きを読む

メディオスターNeXT Pro

脱毛クリニックで採用されているレーザー脱毛機には様々な種類があります。中でも安定した脱毛効果や、安全性などからも人気の高いメディオスターNeXT Pro。今回はそんなメディオスターNeXT Proに焦点を当てて説明していきたいと思います。メディオスターNeXT Proの特徴は?メディオスターNeXT...

≫続きを読む

ジェントルレーズ

脱毛クリニックで採用されている脱毛機には実は様々な種類があります。中でも愛用している脱毛クリニックが多く、安定した評価を受けているジェントルレーズについて今回は説明していきたいと思います。ジェントルレーズの特徴は?ジェントルレーズはアメリカのキャンデラ社から発売されている、アレキサンドライトレーザー...

≫続きを読む