家庭用脱毛器で腕脱毛!自宅での脱毛におすすめなのは?

腕脱毛

毛抜きを使って腕の毛を処理している女性も多いですが、1本ずつ処理していくとなるとかなりの時間がかかりますよね。

細い毛を見ながら長い時間処理していると目の疲れも気になります。

 

より手軽に簡単に、毛抜きのように綺麗に除毛できるのが毛抜きタイプの家庭用脱毛器です。

 

そこで今回、腕脱毛におすすめの家庭用脱毛器としてブラウンとソイエの効果や特徴、使い方などを紹介します。

 

家庭用脱毛器で腕脱毛

家庭用脱毛器を使えば、自宅で簡単に腕脱毛ができます。
今回は、「ブラウン BRAUN SE7足腕用 脱毛ヘッド」と「パナソニック 脱毛器 ソイエ 足・腕用」の2種類の家庭用脱毛器について紹介します。

 

ブラウン BRAUN SE7足腕用 脱毛ヘッド [67030946]

ブラウン BRAUN SE7足腕用は、クローズグリップテクノロジーにより、40枚の毛抜きで砂粒よりも細い0,5mmの毛もしっかり除毛できる抜くタイプの家庭用脱毛器です。
首振りヘッドで、曲線の多い腕にもしっかりフィットし、快適にムダ毛を処理します。

 

従来の抜くタイプの家庭用脱毛器は、寝た毛に反応できず処理が難しいと言われてきました。
しかしブラウン BRAUN SE7足腕用には、寝た毛を効果的に起こすソフトリフトチップスRを搭載し、トゥイザーが毛を捉えて除毛します。
スマートライトの光によって、陰になっている部分や極めて細い毛も見逃しません。
脱毛後に丸ごと水洗いができるので、清潔に保てるのは嬉しいですね。
さらにやわらぎマッサージローラーにより肌を活性化するマッサージ効果も期待できます。

 

パナソニック 脱毛器 ソイエ 足・腕用 青 ES-WS13-A

パナソニック脱毛器ソイエは、肌に滑らせるだけで、腕の毛を挟みこみ、優しく引き抜く家庭用脱毛器です。

 

最大の特徴は、肌への負担を軽減する「やわ肌ガード」です。
引き抜く毛のまわりの肌を押さえて、毛を抜く瞬間の肌が引っ張られる刺激を予防します。
毛根から毛を引き抜くので、処理後の黒いぶつぶつが残らず、カミソリを使用して処理するよりも長い期間ツルツルな状態を維持します。
0,5oの短い毛にも対応するので、腕の伸びかけの毛も綺麗に処理できます。
ソイエは充電式ではなく、コンセントにつないだ状態で使用します。
防水加工もされていないので、ふろ場での使用や、水洗いなどもできないので注意が必要です。
海外での使用に対応しているので、旅行先でのムダ毛処理にも役立ちます。

 

デメリットは?

抜くタイプの家庭用脱毛器は、短時間で処理できて、毛穴レスな仕上がりになるという点ですが、いくつかデメリットもあります。
一時的な除毛なので、1週間〜2週間ほど経つと毛が生えてきます。

 

また毛質や肌質によって、毛を抜くときに痛みを感じるという意見や、埋没毛になりやすいという意見もありました。
通常毛穴から毛が生えている状態ですが、埋没毛になると毛穴に蓋ができ、皮膚の内側で毛が育ってしまいます。
放置していれば自然に皮膚を突き破って、外に出てきますが、それまで黒い毛が気になるという方が多いです。

 

また長く使用していると、毛穴に負担がかかるので、毛穴が黒ずんだり、毛穴が広がったりする可能性もあります。
しかし使用していくなかで、毛の生えるペースが遅くなったという意見もあります。
スカートを履いて脚を出すときなど、毛穴まで綺麗に見せたいというときにおすすめの脱毛器です。

 

まとめ

今回紹介した抜くタイプの家庭用脱毛器は、様々な除毛器を開発し人気を獲得しているブラウンとパナソニックです。

 

肌の上を滑らせるだけで毛を挟みこみ、綺麗に処理できるので忙しい女性には嬉しいですね。

 

1本ずつ処理すると、かなりの時間がかかる腕脱毛も5分ほどあれば、両腕の脱毛が完了する手軽さが魅力です。
肌への負担を軽減する機能も搭載しているので、肌に優しい家庭用脱毛器を探している方は一度試してみてくださいね。