銀座カラーのシェービング料金は?剃り残し時の対応や自己処理方法

脱毛サロンでの脱毛は基本的に前日までにムダ毛処理をすることが必要です。
しかし、念入りに自己処理を行ったつもりでも剃り残しがあることもあります。

 

そんな場合に利用できるのがシェービングサービスです。
剃り残しをスタッフにシェービングしてもらってから脱毛の施術を受けることができます。

 

ここでは、
・銀座カラーのシェービング代
・シェービングしてもらえる部位
・自己処理の注意点
などについて解説していきたいと思います。

 

銀座カラーのシェービングサービスとは?

銀座カラーの脱毛ではシェービングサービスを利用することができます。
ただ、条件として電気シェーバーの持参が必要になります。
万が一シェーバーを忘れてしまった場合、剃り残しを避けての脱毛になります。

 

もしくはシェーバーを購入して、シェービングを受けることになります。
しかし、銀座カラーで購入するシェーバーは家電量販店などで購入する料金よりも高くなっているため持参したほうがお得です。
銀座カラーでシェービングサービスを受ける場合は、カミソリ部分が取り外し可能なシェーバーが必要です。

 

シェービング料金

 

 

銀座カラーのシェービング代

銀座カラーのシェービング代は契約したプランによって異なります。

コースによる料金の違いをご紹介していきます。

 

スピード脱毛コースの場合

1年に8回も通うことができるスピードコースではシェービング代が無料になります。
自己処理を忘れてもシェービング代がかからないので安心です。

 

ただ、シェービングサービスを利用すると、シェービングに時間が取られてしまい、脱毛の施術時間が短くなってしまうため注意しましょう。

 

リーズナブル脱毛コースの場合

スピード脱毛コースよりも料金の安いリーズナブル脱毛コースで契約した場合は、シェービング代がかかります。
1回あたり3,000円のシェービング代がかかります。

 

ただ、毎回剃り残しがあって、シェービング代を支払うことになると、費用がかさんでしまいます。
しっかりと自己処理をして剃り残しのないようにしましょう。

銀座カラーの脱毛前はどこまで処理しておくべき?

脱毛前の自己処理はできる限り剃り残しがないようにしておくことが大切です。

 

自分では処理しづらい部位や、手の届きづらい部位を無理に処理しようとすると肌にキズがついてしまいます。
処理しきれない部分は無理に処理しようとせずに、スタッフにお願いしましょう。

 

スピード脱毛コースは無料、リーズナブル脱毛コースは3,000円でシェービングサービスを受けることができます。
ただ、事前に処理しておくことが大切です。

 

どこまで処理したら良い?

 

特に処理が大変なのでVIOだと思います。

VラインとIラインは自分の目で確認しながらムダ毛を処理できるので大丈夫でしょう。

 

Oラインの処理が一番大変かもしれませんが、おすすめなのは鏡を使う方法です。
鏡をまたいで処理するとやりやすいです。

 

どうしても処理が難しい場合は、自分で無理に行わなくても良いです。
無理して処理すると、肌にキズがついて脱毛してもらうことができなくなる可能性もあります。

 

1回の施術を無駄にしないように、手の届かない範囲はスタッフに処理してもらうようにしましょう。

銀座カラーのシェービングの範囲について

シェービング範囲

銀座カラーの脱毛時に剃り残しがあった場合に、どこまで処理してもらうことができるのかについて解説します。

 

銀座カラーのシェービング範囲は、基本的には手の届かないところになります。
具体的には、

  • 襟足
  • 背中
  • お尻

になります。

 

上記の部位以外は剃り残しがある場合でもシェービングをしてもらうことはできません。

 

ただ、毎回シェービングサービスを利用すると、脱毛時間が減ってしまいます。
余裕をもって脱毛の施術を受けるためにも、念入りに自己処理をしておくことをおすすめします。

 

また、銀座カラーは人気が高く、予約が詰まっている場合も多いため、予約時間以上に施術に当ててもらうことは難しい場合が多いです。
時間に余裕がある状況で脱毛してもらう方がキレイに施術してもらえるため、脱毛前までに剃り残しがないかしっかりチェックしておきましょう。

銀座カラーの脱毛は剃り残しがあるとどうなる?

剃り残しがある場合

銀座カラーの脱毛で剃り残しがあった場合の対応は、部位によって異なります。
剃り残しがあったとしてもシェービングサービスを受けることができるのは、以下の部位です。

  • 襟足
  • 背中上
  • 背中下
  • ヒップ
  • ヒップ奥

これらの部位はシェービングサービスを受けることができます。
料金は、スピード脱毛コースの場合無料、リーズナブル脱毛コースの場合1回3,000円になります。

 

上記の部位以外でムダ毛の剃り残しがあると、それらの部分を避けての脱毛になります。

 

剃り残しがないようにするコツ

脱毛前の自己処理で剃り残しがないようにするためには、
・明るい部屋で処理をする
・手の届きにくいところは家族にお願いする
といったことが大切です。

 

暗い部屋で処理をしようとすると、剃れていない部分が分かりづらいです。
夜は電気の明るい部屋で処理をしましょう。
おすすめは太陽が出ている日中に処理を済ませることです。ムダ毛が見えやすく処理しやすいですよ。

 

また、背中やうなじなどの自分で処理することが難しい部位は家族やパートナーに処理を手伝ってもらいましょう。
カミソリ負けの心配も減り、安心して処理することができます。