IPL脱毛の効果

IPL脱毛とは?

IPLとは脱毛サロンでよく用いられる脱毛手法です。

 

肌に優しい脱毛手法として利用されています。

 

IPL脱毛の仕組み・特徴

IPL脱毛とはIntense pulse light(インテンスパルスライト)の略称です。

 

脱毛サロンで一番広く普及している脱毛方法にあたり、サンプル数も多いため、一定の脱毛効果が証明されています。

 

IPL脱毛

 

IPL脱毛は医療行為ではなく美容行為にあたるため、医師や看護師などの医療従事者ではなく、美容サロンでエステティシャンや美容スタッフでも取り扱えるようになっており、レーザー脱毛と比較してその出力が弱く設定されています。

 

医療行為ではないため身体に大きな影響を及ぼすことが出来ないので「永久脱毛」と呼ぶことが出来ず、「抑毛、減毛効果」とうたっているところがあります。
しかしその脱毛効果は確実に認められており、一度脱毛を施術したところは半永久的に再び毛が生えてくることはありません。

 

近年では脱毛人気によりIPL以外の仕組みを利用した脱毛器も広く用いられるようになりましたが、IPL脱毛の人気は今でも高く、現在でも多くの脱毛サロンで利用されています。

 

脱毛サロン施術

 

最近では脱毛人気は脱毛クリニックや脱毛サロンだけにとどまらず、家庭用脱毛器も販売されるようになりました。
中にはIPLの仕組みを利用した家庭用脱毛器も販売されていて、誰もが安全に安心して使用できるようになっています。

 

IPL脱毛の仕組みは、毛を黒く見せているメラニン色素に反応する特殊な光を利用し、毛の毛根に熱でダメージを与えることで脱毛を促しています。
毛根には毛母細胞と呼ばれる発毛を促進する細胞があり、この細胞がダメージを受けることで毛の再生を抑制しています。

 

毛母細胞

 

医療行為として行われるレーザー脱毛と比較すると、IPL脱毛ではその出力が限られているため、毛や肌に与える影響も少なく、脱毛効果もゆっくりです。
その分脱毛時に受ける肌ダメージや痛み刺激も少ないのが特徴です。

 

 

レーザー脱毛では医療行為としているため、施術にかかる金額も高く手が届きにくい印象がありましたが、これらの光脱毛の発展により脱毛にかかる料金はぐっと抑えられ、学生や低所得者でも脱毛の施術を受けられるようになりましが。

 

IPL脱毛とSSC脱毛の違い

IPL脱毛とSSC脱毛はどちらも脱毛サロンで幅広く採用されている脱毛方式です。

 

IPL脱毛とSSC脱毛の大きな2つの違いは使用するランプの種類と、脱毛時に使用するジェルの違いです。
脱毛に使用するランプについては、IPL脱毛はキセノンランプと呼ばれる光を使用しているのに対し、SSC脱毛ではクリプトンランプと呼ばれる光を使用しています。

 

脱毛機

 

脱毛時に使用するジェルの違いは、SSC脱毛では脱毛施術時に使用するジェルに脱毛器の光を効果的に毛のメラニン色素に届ける働きをもつジェルを使用することです。

 

これはイタリアのDEKA社で開発された脱毛の仕組みで、この抑毛効果のあるジェルには保湿効果のある成分も含まれており、脱毛時の光を効果的に毛に伝えるという役割以外にも、保湿効果で肌ダメージを抑えるという働きもします。

 

SSC脱毛はIPLよりも肌にかかるダメージが少なく、肌に優しい脱毛方法として捉えられています。
IPL脱毛を採用している具体的な脱毛サロンは銀座カラーやキレイモ、シースリーで、SSC脱毛を採用しているのはミュゼや脱毛ラボです。

 

IPL脱毛脱毛の効果

IPL脱毛ではサンプル数が多い分、一定の脱毛効果が実証されています。以下に部位毎で何回程度の脱毛で効果あるのか提示しておくので、脱毛時の参考にしてみて下さい。

 

顔の毛は薄くて細く、他の部位よりも毛自体が持つメラニン色素が少ないだめ脱毛器に認識されにくいです。
そのため一般的な脱毛回数より多めの回数で予測しておくといいでしょう。

 

平均的には10回程度で脱毛効果を実感できます。

 

顔脱毛

 

VIO

VIOは毛が他の部位よりも元々濃くなっており、さらに肌も黒ずんでいてメラニン色素が豊富なことが多いため、施術時に痛みを感じやすく、脱毛器の出力を上げにくい部位になります。
無理に痛みを我慢して高い出力で施術してしまうと肌に余計なダメージを与えてしまうため、我慢出来る範囲の痛みの強さで施術することをおすすめします。

 

ビキニ水着

 

そのため脱毛回数は8から10回が平均値です。

 

ワキ

ワキは元々毛が濃いことに対して肌が白いため、脱毛の効果を一番実感しやすい部位になります。
早い人では6回施術終了後に自己処理がほとんどいらないという人もいるくらいです。

 

脇脱毛

 

元々毛深い人や、脱毛前の自己処理で肌が色素沈着してしまっているような人でも8回程度で脱毛効果を実感することが出来ます。

 

ひざ下、ひざ上部位は元々の肌の色や毛の濃さでも必要な脱毛回数が左右されますが、ワキに次いで比較的脱毛効果が得られやすい部位とされています。
平均的な目安回数は8回から10回です。

 

脱毛効果は毛が太く、肌色が白い人ほど早く実感しやすく、毛が細く、肌色が濃い人ほど回数を必要とします。

 

足脱毛

脱毛回数を減らしたいのであれば、その分しっかりと毛が生えそろってから脱毛に通うのがおススメなので、トータル的にはゆとりを持った期間で、2から3カ月に1回を目安にし、脱毛が進むにつれてその間隔を長くおくのがおすすめです。

 

IPL脱毛のメリット・デメリット

IPL脱毛のメリットは、年齢や性別を問わず、幅広く安心して利用できるという点です。

 

脱毛器として使用されて長い歴史があるため、脱毛後の長期的な予後も実証されており、副作用の心配も少ないです。
レーザー脱毛と比較してその効果も緩やかですが、その分肌の状態や毛の状態を観察しながら体に負担をかけずに脱毛を進めていくことが出来ます。

 

脱毛機

 

レーザーと比較すると時間はかかりますが、IPL脱毛は光脱毛の中では一番最速の脱毛方法と言ってもが過言ではありません。
光脱毛で早く脱毛を完成させたいという人にはおすすめの脱毛方法です。

 

その他にも脱毛器にもよりますが照射口は最大40ミリ×25ミリ以上で、1度の施術が短時間で終了出来るというメリットもあります。
デメリットとしては、脱毛する仕組み上メラニン色素に反応してしまう為、日焼けしている肌や色素沈着の強い肌、ほくろなどの黒い部分には照射出来ないことです。

 

日焼け

 

脱毛サロンで全身脱毛したけど、ほくろの周りだけ照射を避けるため毛が生えてきてしまうということも起こります。

 

また、産毛に対しての脱毛効果も薄いため、顔や二の腕の脱毛は時間がかかることを理解しておくといいでしょう。

 

IPL脱毛は美肌効果がある?

IPL脱毛はフォトフェイシャルと呼ばれる美容外科でも利用される光を使用しているため、脱毛効果だけでなく高い美容効果も実証されています。
シミやそばかす、肌のたるみなど幅広い肌のコンプレックスを解消させ、若くハリツヤのある肌に導いてくれます。

 

IPL脱毛は永久の医療脱毛効果ある?

IPL脱毛は新しい脱毛器と比較して、サンプル数が多く長期的な脱毛効果が実証されています。

 

医療脱毛と比較すると1回の脱毛効果は弱いですが、一度脱毛が完成すれば再び毛が生えてくるということはないです。

 

医療脱毛を進めているサイトでは、光脱毛ではムダ毛が再生するとうたっているところもありますが、脱毛した毛が再生することはまずないので心配ありません。

 

家庭用脱毛器でもIPL脱毛使用されている

脱毛サロンと同様の効果を実感できる家庭用の脱毛器も最近ではたくさんの種類が発売され、その機能も年々改善してきています。

 

ケノンは特に家庭用IPL脱毛として人気の商品で、ネット販売でも常に上位にランクインしているため、商品名を耳にしたことがおる人も多いのではないでしょうか。

 

ケノン

 

どの脱毛器も家庭用に販売されている商品は、誰もが安全に安心して使えるような工夫が施されているので、サロンでの脱毛はちょっと恥ずかしいという人や、安くなってきているとは言え全身脱毛を考えると脱毛サロンでもまだ料金が高すぎる、と感じるという人は家庭用脱毛器も検討してみて下さい。

 

関連ページ

VIO脱毛のおすすめランキングについて
足脱毛のおすすめランキングについて
腕脱毛のおすすめランキングについて
背中脱毛のおすすめランキングについて
脱毛サロンのおすすめランキングについて
家庭用脱毛器のおすすめランキングについて

 

関連ページ

SSC脱毛
SSC脱毛の仕組みやミュゼなどの取り扱いサロン、産毛やVIOの脱毛効果についてご紹介します。