除毛クリームとは?仕組みは?どう処理する?


除毛クリームは体毛(タンパク質)を解かして処理することができるケア用品です。

 

クリームに含まれる「チオグリコール酸カルシウム」という成分が毛を解かす機能を果たします。

 

それに加え、「チオグリコール酸カルシウム」の作用をサポートする成分、美容成分、香料が配合。

 

高いものほど美容成分が多い傾向にあります。
高い商品と安い商品の差はというと、美容成分の豊富さが主であり、除毛成分としては大体どれも「チオグリコール酸カルシウム」が用いられています。
使い方は塗布して数分放置した後、洗い流すだけ!

 

簡単なのにすぐに効果が出るのが魅力です。

 

除毛クリームは顔に使わない方がいい理由は肌荒れリスク

簡単にケアができる除毛クリーム。顔に使うことはできるのでしょうか?
実は顔に使いことはおすすめできません。様々なリスクが起こりやすいからです。それでは具体的にどのようなリスクが起こり得るのでしょうか?

 

炎症の肌へのリスクは?

除毛クリームは炎症のリスクがあります。
除毛クリームはタンパク質を解かします。

 

そして、皮膚もタンパク質です。
皮膚が薄く繊細な部分である顔にこれを使うとなると、さらにダメージを与えやすくなり、炎症のリスクは高くなるでしょう。

 

服で隠れる部位であれば、少しくらい炎症が起こっても困らないかもしれません。
しかし、顔だと少し赤くなっただけでも恥ずかしいです。

 

炎症

 

その部分を化粧で隠そうとするとケバくなってしまいますし、そもそも炎症が起こっているのにメイクをすると肌にも良くありません。
このように顔に対して除毛クリームを使用することはおすすめできません。

 

痛みはどう?

実際に顔に除毛クリームを塗ってしまうとどうなるのでしょうか?
かなり痛みを感じるという人もいるようです。

 

特に目のキワなど顔の中でも特に皮膚が薄い部分はその傾向にあります。

 

除毛クリームを顔に塗るとどんな成分が肌によくないの?

除毛クリームの主成分「チオグリコール酸カルシウム」に問題があります。
これはタンパク質を解かす成分です。

 

そのため、皮膚(タンパク質)も解かしてしまうのです。
これが、皮膚が厚い部分であれば、多少解けてしまったところでそこまで問題はありません。

 

顔の除毛クリーム

 

しかし、顔は先ほども書いたように皮膚が薄い部分。
そのため、「多少解ける」が問題となるのです。

除毛と脱毛の違いは?

先ほどから何度か書いている除毛クリームという言葉。
良くCMで放送されている医療脱毛や脱毛サロンは「脱毛」と言っていますが、これと「除毛」は一体どこが違うのでしょうか?

 

実は脱毛は毛の根本から抜くことを言います。
つまり、「毛抜き」「脱毛サロン」「医療脱毛」「ブラジリアンワックス」を使った方法は脱毛です。

 

皮膚の表面の毛だけを処理する「カミソリ」「電動シェーバー」「除毛クリーム」を使った手法は除毛と呼びます。
ところで顔の毛は、そもそも処理した方が良いのでしょうか?何かメリットはあるのでしょうか?
実は顔の毛を処理すると、ワントーン肌が明るく感じるという人も。また脱毛であれば、きめ細やかになることもあるそうです。
さらに化粧ノリが良くなります。

 

このように、顔の毛を処理することには様々なメリットがあります。

顔のムダ毛処理は光脱毛器や脱毛サロン・医療クリニックがおすすめな理由

顔のムダ毛処理をしたいなら、家庭用脱毛器か脱毛サロン・クリニックを選ぶと良いでしょう。

 

まず、予算に余裕があるならクリニックという選択肢が真っ先に挙がります。
家庭用脱毛器や脱毛サロンより脱毛効果が高いからです。

 

また、美容効果が期待できる機種もあります。さらに何か肌トラブルが起こってもドクターのサポートがあるため安心です。
肌トラブルが起こった際の対応はクリニックによって異なります。なるべくなら、診察・治療費・薬代が無料といった面倒見が良いところを選ぶと良いでしょう。

 

「クリニックほどお金をかけたくない」という人には脱毛サロンをおすすめします。
こちらは医療脱毛より効果は薄いですが料金がリーズナブルです。

 

また、特にIPL方式というフラッシュ脱毛では、美肌効果に期待を持つことも。

 

「さらに安くしたい」「セルフケアしたい」という人は家庭用脱毛器がおすすめです。
大体2万円〜7万円で購入することができます。

 

これまでの情報から各方法は以下の人に向いていると言えそうです。

 

  • 脱毛クリニック→潤沢な予算、安全第一、効果重視
  • 脱毛サロン→予算はそれなり、美容効果にも期待
  • 家庭用脱毛器→自己処理したい、なるべく安く済ませたい

 

さらにそれぞれ大体いくらかかるか具体的に比較してみます。

 

  • 脱毛クリニック→リゼクリニック5回99,800円湘南美容外科クリニック6回52,650円
  • 脱毛サロン→ジェイエステティック2回5,000円ディオーネ6回42,000円
  • 家庭用脱毛器→ケノン69,000円センスエピX29,800円

 

こうして見てみると、クリニックよりサロンの方が安く、家庭用脱毛器はサロンよりコスパが良いと言えそうです。
ただし、クリニックとサロンでは脱毛完了に要する回数が異なることに注意しましょう。
大体サロンの1/3〜1/2の回数で脱毛が終わります。分かりやすく、クリニックの表記は5回、脱毛サロンの回数は15回に直してみます。

 

 

  • 脱毛クリニック→リゼクリニック5回99,800円湘南美容外科クリニック5回43,875円
  • 脱毛サロン→ジェイエステティック5回37,500円ディオーネ5回35,000円

 

 

こうして見てみると、それでもサロンの方が安いです。
とは言っても、価格にそれほど差はありません。サロンの脱毛回数が倍以上も異なるということは、それだけ脱毛にかかる期間も長くなりがちだということ。
なるべく早くツルツルになりたいという人は、予算を足してクリニックを選ぶのも良いかもしれません。

 

脱毛サロン

 

脱毛サロンの方が安く見えるのに、どうして脱毛器の方のコスパが良いのでしょうか?実は脱毛できる量が違うからです。
家庭用脱毛器はこの価格で全身脱毛を何十周もすることができます。何人かでシェアして全身脱毛をすることだって可能なのです。

 

それに対して、サロンはあくまで顔のみの料金です。
ついでに「全身脱毛をしたい」「ワキや腕のケアをしたい」という人にとっては非常におすすめしたいアイテムとなります。

メンズがヒゲの脱毛サロンに通うメリット

脱毛と言うと、女性がするものであるという印象を持っている人もいるかもしれません。
しかし、昨今では美容に興味を持った男性が多いのか男性専用の脱毛サロンという存在が出現してきました。

 

美容にそれほど興味がない人でもヒゲだけは脱毛するという人もいるようです。

 

女性専用と比べるとまだまだマイナーではありますが、このヒゲ脱毛の人気もあってか増加傾向にあるようです。
それでは、男性が脱毛サロンに通うのにメリットはあるのでしょうか?

 

脱毛すると毛が生えにくくなる

まず当たり前と言えば当たり前なのですが、脱毛をすると毛が生えてこなくなります。

 

すると、毎日煩わせていた髭剃りをしなくて良くなります。
濃い人だと半日後には青髭になるという人も。でもこれって、だらしなく見えてしまいがちです。

 

脱毛サロンで処理すれば、このような心配をしなくても良くなります。
毎日ヒゲ剃りに5分かけていたとします。
365日で1825分なので1年でおよそ30時間半です。

 

脱毛の時間

 

塵も積もれば山となると言いますが、なるほど毎日の5分がこれほどの時間になります。
この時間分好きなことができると考えると、やはりサロンやクリニックでの脱毛はかなりメリットがあります。

 

医療脱毛の方がどうしても効果が高いことに注意しましょう。

 

医療脱毛は高いと思いがちですが、ヒゲ脱毛・顔脱毛は人気があるからか看板メニューとして安く提供しているところも多いです。
そのため、そうしたクリニックを選ぶようにすれば「短期間」で「大きな効果」を「リーズナブルな価格」で得ることができます!

 

具体的に例を挙げてサロンとクリニックの料金を比較してみましょう。

 

  • 脱毛サロン→リンクス:顔・ひげ脱毛6カ所5回78,000円10回115,000円
  • 脱毛クリニック→ゴリラクリニック:ヒゲ3部位6回68,800円ヒゲ5部位6回127,400円メンズリゼ:ヒゲ全体5回98,800円湘南美容外科クリニック:ヒゲ(上口ヒゲ・アゴ・アゴ下)6回29,800円ヒゲにほほ・もみあげを追加6回59,600円

 

これをもう少し分かりやすく整理していきます。
サロンは15回分、クリニックは5回分の料金に換算します。

 

  • 脱毛サロン→リンクス:顔・ひげ脱毛6カ所15回234,000円
  • 脱毛クリニック→ゴリラクリニック:ヒゲ5部位5回106,166円メンズリゼ:ヒゲ全体5回98,800円湘南美容外科クリニック:ヒゲにほほ・もみあげを追加5回49,666円
  • ヒゲ3部位→湘南美容外科ヒゲ(上口ヒゲ・アゴ・アゴ下)5回24,833円ゴリラクリニック:ヒゲ3部位5回57,333円

比べていくと、脱毛サロンであるリンクスより医療脱毛の方が安いことが分かります。

 

このように、クリニックの方が安く付くケースもあるのです。

 

特にこのようなことは「人気のある部分脱毛メニュー」にあります。
ワキを始めとした人気部位もクリニックでリーズナブルに施術を受けることが可能です。

 

興味があればチェックしてみましょう。
脱毛クリニックの中でもリーズナブルなメンズリゼと湘南美容外科を比較してみると、湘南美容外科の方が飛びぬけて安いことが分かります。
なんとおよそ半額です!リンクスと比較してみても、飛びぬけてリーズナブルなことが分かります。

 

このように、クリニックにおいてヒゲはお得であることが多いです。

 

肌がキレイに処理出来る

カミソリを使って毛を剃ると、怪我をしてしまったり炎症の原因となってしまうことも。
しかし、サロンやクリニックに通えば、こうしたリスクは低下します。
肌にダメージを与えていた髭剃りを行う機会が少なくなるからです。

 

また、脱毛をすると毛穴が締まり肌のキメが良くなるという声も。

 

ヒゲ脱毛

 

男性はメイクしませんから女性と比べて肌のアラを隠しにくいです。
脱毛をしてきめ細やかな肌質になれば、いつもよりカッコよく輝いて見えるかもしれません!

 

形の相談も出来る

電動シェーバーを使って自分でヒゲをデザインするのも面白そうではありますが、どうせすぐ生えてきてしまうため、毎日やるには時間がもったいないです。
しかし、ヒゲの形にこだわりのある人もいるはず。
脱毛サロンやクリニックだと全部処理するものだと勘違いしていませんか?

 

実はサロンやクリニックでは、わざとある程度ヒゲを残したり好きな形にデザインすることもできます。
デザインはそのサロンやクリニックによりますが、かなりの数から自分が気に入った物を選ぶことが可能です。