自宅で背中をする方法まとめ!カミソリやシェーバー、除毛クリーム等

自宅で背中をする方法まとめ!カミソリやシェーバー、除毛クリーム等

暖かい季節になってくると、半そでの服やタンクトップを着るようになります。
そこでついつい見逃しなのが背中のムダ毛です。
自分からは見にくい位置ですが、目の高さに近いため周りからはよく見られています。
伸びっぱなしになった背中のムダ毛をそのままにしておくわけにはいきませんね。
今回は自宅で行える背中の脱毛方法を紹介したいと思います。

 

背中脱毛を自宅で行う方法は?

自宅

背中脱毛を自宅で行う方法は、

  • カミソリ
  • 電気シェーバー
  • 除毛クリーム
  • 除毛タオル
  • 家庭用脱毛器

の5通りの方法があります。

 

背中なんて自分では手が届かないから自分では脱毛できないと思っている人も多いと思いますが、脱毛器具を上手く使いこなせば1人でも脱毛することができます。
では早速、上記5つの脱毛方法をメリット・デメリットを含めて紹介していきます。

 

カミソリでの背中脱毛ははどう行う?

カミソリ

カミソリは1本あたりの価格も安く、スーパーやコンビニ、薬局などで気軽に購入できることから使用している人が多いです。
特に若い世代が初めてシェービングに使う方法としてカミソリを選択する人が多いです。

 

お風呂場で使用する人が多く、処理する箇所に泡立てたソープを塗り広げてカミソリを滑らせるように処理していきます。
顔などの狭い部位はI字型のカミソリで、足や腕などの広範囲の部位はT字型のカミソリが便利です。
肌や毛穴を傷つけないように、手に力を入れすぎないようい処理していくことがポイントです。
刃の質も大切で、できれば毎回新しい鋭利な刃で処理していくと肌ストレスが軽減します。

 

メリット

カミソリのメリットは、
・価格が安い
・どこでも売っている
・使っている人が多いから安心
・入浴中に処理することができるので後片付けが簡単
の4点があげられます。

 

デメリット

一方カミソリのデメリットは、
・肌を痛める可能性がある
・失敗すると傷を作ってしまう可能性がある
・剃ってもまた生えてくるので、処理を繰り返す必要がある
・処理を繰り返すとムダ毛が濃くなりやすい
・剃ることで毛先が太くなるため次に生えてくるときにムダ毛が余計に目立つ
の5点があげられます。

 

カミソリを利用した後は化粧水や保湿液などで肌の乾燥を防ぎましょう。

 

電気シェーバーでの背中脱毛はどう行う?

シェーバー

電気シェーバーはカミソリに次いで人気の脱毛方法です。
毛のタイプや処理する部位によってさまざまなタイプの電気シェーバーが発売されています。
肌を清潔な状態に保ち、シェービングする部位に合ったシェーバーを利用します。
顔やVIOならI字型のシェーバー、腕や足など広範囲ならハンディタイプのシェーバーが便利です。
剃りたい部分の毛に逆らうようにしてシェービングしていくと、残る毛が少なくきれいにシェービングすることができます。

 

メリット

電気シェーバーのメリットは、
・カミソリよりも肌に優しくムダ毛処理できる
・商品によって機能が様々で、目的に合った商品を選ぶことができる
・小型のカミソリなら外出先でもムダ毛の処理をすることができる
の3点があげられます。

 

デメリット

電気シェーバーのデメリットは、
・一度処理しても再び生えてきてしまう
・繰り返しの処理で肌に負担がかかる
・剃ることで毛先が太くなるため次に生えてくるときにムダ毛が余計に目立つ
の3点があげられます。

 

電気シェーバーはカミソリと比較すると比較的使いやすく、安全性も高いです。
しかし処理の繰り返しによって肌に負担をかけてしまう点はカミソリと同じなので、使用には注意が必要です。

 

除毛クリームはどう行う?

クリーム

除毛クリームは毛を溶かす成分を含むクリームを塗布して、ムダ毛を溶かして処理します。
刃を使う除毛方法ではないので、特に手が届きにくい背中のムダ毛を処理するのに向いています。

 

処理したい部分を清潔な状態にし、除毛クリームを塗布します。
商品説明にある一定時間放置し、その後水またはぬるま湯で流します。

 

メリット

除毛クリームのメリットは、
・刃を使わないので手が届きにくい部位や、凹凸のある部位でも安全に処理できる
・処理した毛の先が丸々ので、処理後に生えてくるときも目立ちにくい
の2点があげられます。

 

デメリット

一方除毛クリームのデメリットは、
・毛を溶かす成分を含むクリームを使用するので、肌荒れする可能性がある
・一度処理しても再び生えてきてしまう
・VIOなど部位によっては使用できない
の3点があげられます。

 

除毛タオルはどう行う?

タオル

タオルの繊維で毛を削り取ったり、絡めて脱毛する除毛タオルは、背中の毛など毛が細くて手が届きにくい部分のムダ毛処理に向いています。
ムダ毛が気になる部分をこするようにして処理していきます。
円を描くようにこすっていくと処理がスムーズに進んで行きます。

 

メリット

除毛タオルのメリットは、
・お風呂場で処理することができるので後片付けが簡単
・刃を使わないので安全
・広範囲を一度に処理することができる
の3点があげられます。

 

デメリット

一方除毛タオルのデメリットは、
・ムダ毛と同時に肌の角質層も削り落としてしまうため、肌が乾燥したり固くなったりすることがある
・毛が太いと処理しきれないことがある
・一度処理しても再び生えてきてしまう
の3点があげられます。

 

家庭用脱毛器の背中脱毛はどう行う?

家庭用脱毛器

最近ますます人気が出てきているのが家庭用脱毛器です。
家庭用脱毛器には、
・レーザーを搭載した脱毛器
・フラッシュを搭載した脱毛器
の2タイプになります。

 

ほぼ永久的な脱毛効果が得られて、脱毛クリニックや脱毛サロンでの処理と比較すると格安なところが人気の理由です。

 

処理したい部分をまずシェービングします。
脱毛器を利用する前日までに、電気シェーバーを利用して処理しておくのが理想的です。

 

家庭用脱毛器の出力やカートリッジの設定などを行い、施術したい部位にあて漏れがないように施術していきます。
痛みを感じる場合は、保冷剤等でクーリングをしながら施術すると処理が楽になります。

 

メリット

家庭用脱毛器のメリットは、
・一度処理した毛はほどんど生えてこなくなるため、繰り返しのムダ毛処理の必要がない
・脱毛クリニックや脱毛サロンの処理と比較すると格安
・毛穴自体が小さくなるため、肌もきれいになる
の3点があげられます。

 

デメリット

・処理に痛みを伴うことがある
・使い方を誤ると、やけどなどのリスクがある
・家庭用脱毛器使用中は日焼けを徹底して予防する必要がある
の3点があげられます。

 

家庭用脱毛器はほかの自己処理方法と比較すると少し手間にはなりますが、繰り返していけばムダ毛で悩まされることもなくなるので最終的に自己処理にかける時間を節約することができます。

関連ページ

除毛クリームで背中をセルフ脱毛!市販のおすすめは?
除毛クリームで背中脱毛をするメリット・デメリットや市販のおすすめ商品などをご紹介していきます。
背中をカミソリで剃るコツは?おすすめのカミソリはどれ?
背中の毛をカミソリで剃るコツやおすすめのカミソリをご紹介します。
脱毛タオルで背中脱毛!産毛のセルフ脱毛におすすめなのは?
背中のセルフ脱毛に脱毛タオルを使おうと思っている方もいるかもしれません。背中におすすめの脱毛タオルや産毛にも効果があるのかどうかなどをご紹介します。
背中脱毛におすすめシェーバー!肌荒れリスクや効果も解説!
背中脱毛におすすめのシェーバーや注意点などをご紹介していきます。