アンダーヘア 埋もれ毛 埋没毛

アンダーヘアの埋もれ毛・埋没毛について

医療レーザー脱毛の専門家

 

この記事の執筆責任者
副編集長 後藤 由紀
美容外科勤務。利用者のカウンセリングから施術まで豊富な知識と経験で、女性を美しくするプロフェッショナル。脱毛とスキンケアをテーマに日夜研究を行っている。

 

こんにちは!後藤です♪

 

アンダーヘア(陰毛)の処理は、カミソリや電気シェーバーで処理するという方は多くいるかと思います。
中には抜くという方も多くいるかもしれません。

 

しかし、上記の自己処理法で起こるトラブルの多くに埋没毛(埋もれ毛)があります。
埋没毛(埋もれ毛)はなぜ、引き起こされるのでしょうか?
そして、その治し方はあるのでしょうか?

 

アンダーヘアの埋没毛

 

埋没毛(埋もれ毛)とは

埋没毛(埋もれ毛)とは、その名の通り、皮膚の中に埋もれて、皮膚から出て来れなくなった毛の事を言います。

 

埋没毛(埋もれ毛)の原因とは

アンダーヘアの悩み

埋没毛(埋もれ毛)の原因は、剃刀や電気シェーバー、毛抜きなどの自己処理の失敗です。

 

カミソリや電気シェーバーによる深剃り、逆剃り、毛抜きによる引っ張りなどで、皮膚に傷がついてしまうと、お肌は、その部分を修復しようと新しい皮膚を生成します。
しかし、この皮膚は、毛穴を塞いでしまう為、毛が皮膚の中に埋もれたままとなってしまうのです。

 

皮膚の中で成長するので、再び処理することも出来ません。
埋没毛は、黒くブツブツしているので、見た目も触り心地も良くありません。
また埋もれた毛が皮膚に炎症を引き起こす場合もあります。

 

埋没毛(埋もれ毛)は、VラインやIライン、Oラインなどのデリケートゾーンに出来やすいと言われています。
その理由は、皮膚が薄い為です。

 

皮膚が薄ければ自己処理で、皮膚が傷つくリスクも高まります。
また埋没毛をピンセットなどで、除去しようとする方は多くいますが更に皮膚が傷つき、炎症を起こす恐れがありますので、注意してください。

 

埋没毛は、放置してもターンオーバなどで、体外へ排出されていきますので、無理に処理しようとなさらずとも大丈夫です。

 

 

カミソリや電気シェーバー、毛抜き等でムダ毛を自己処理すると埋没毛(埋もれ毛)になるリスクが高まると言われています。

 

しかし、埋没毛(埋もれ毛)を無理に除去するともっと深刻なお肌トラブルが生まれて来ると言います。

 

埋没毛(埋もれ毛)が抱える危険性

アンダーヘアの悩み

埋没毛(埋もれ毛)とは、カミソリや電気シェーバー、毛抜きなどの自己処理の失敗によって、皮膚の中で、発毛・成長した毛のことです。

 

埋没毛は皮膚の上へ成長せずに皮膚の下へと成長してしまうのが特徴ですので、除去することが困難な為、毛包炎というニキビによく似た炎症を起こす場合があります。

 

埋没毛は、黒くザラザラとしていて、見た目も感触も良くない為、つい埋没毛を無理やり除去してしまうという方も多くいるかと思います。

 

しかし、VラインやIライン、Oラインなどのデリケートゾーンの毛は、太くて濃いのが特徴です。またその名の通り、デリケートな部分ですので、無理やり除去した場合、皮膚が受けるダメージは、大きくなります。
特に色素沈着が生じるリスクは高まると言われています。

 

元々デリケートな部位は、下着や椅子に座るなどの圧力が加わりやすい部位ですので色素沈着が起きやすい為、他の部位よりも黒ずんでいたりしているかと思います。

 

女性にとって、デリケートな部分の黒ずみは、深刻に悩んでしまうことも大きいですので、これ以上、黒ずみを深刻にさせない為にも無理やり埋没毛を引っ張りだそうとしないように注意してください。

 

また埋没毛を無理やり除去するとそこが瘡蓋になり、次に生えてくる毛が再び埋没してしまう恐れがあります。

 

 

埋没毛(埋もれ毛)を防ぐには、アンダーヘア(陰毛)の正しい脱毛方法が大切になっていきます。

 

埋没毛(埋もれ毛)にならないアンダーヘア(陰毛)のオススメの脱毛方法、埋没毛の防止対策法について、ご紹介します。

 

自分での埋没毛の除去は×!自宅なら抑毛クリームが○!

埋没毛をピンセットなどで、無理に取ろうとする方も多くいるようですが黒ずみの原因になったり、余計、埋没毛が悪化し、鳥肌のようにブツブツしてしまいますので、控えましょう。

 

デリケートゾーンのムダ毛は、その名の通り、デリケートな部位にあります。
ですので、お肌に刺激を与える自己処理法ではなく、お肌に優しい処理法がベストです。

 

アンダーヘアの悩み

 

陰毛は、元々他の部位のムダ毛と比べると太くて、濃いので、毛穴も大きいと考えられます。
ですので、剃ったり、抜いたりするとお肌表面が炎症を起こし、毛穴がより広がる事で、乾燥や痒みを引き起こします。

 

そして、このような刺激から守ろうと肌が毛穴を塞いでしまう事で、埋没毛が生じるようになりますので、アンダーヘアを細く、薄くすることをまずは考え、脱毛クリニックにいくことをおすすめします。

 

毛抜きは×!脱毛サロンは△!医療レーザー脱毛サロンが◎!

アンダーヘアの埋没毛

カミソリで陰毛を剃るとゾリゾリ、チクチクと言った不快な感触が肌に当たって、炎症や痒みを引き起こしたりすることがあります。

 

毛先が鋭く尖っている為、下着から突き出てしまうこともありますよね。
そこで、毛抜きを使って、処理する人も多くいます。

 

毛抜きで処理すれば毛根から抜く事が可能になりますので、ツルツルの感触を得られたり、すぐに生えてくるという心配もありません。
しかし、上手く毛が抜けないと毛穴の奥に毛根が残ってしまいます。

 

時間が経つと、皮膚表面は、ブツブツとした黒い毛根が目立って来るようになります。

 

そして、毛が皮膚表面に現れる前に皮膚は再生しますので、毛穴が塞がって、埋没毛となります。

 

 

アンダーヘアの悩み

脱毛サロンは、脱毛専門のサロンです。

安いからとか、お手軽だとかで行く方がいるのですが、足や背中など、皮膚がそこまでデリケートではない部分であればいいのですが、アンダーヘアゾーンは皮膚が非常にデリケートです。
脱毛サロンは医療の資格がない人が行うため、何かあったときに不安です。

 

アンダーヘアのケアに一番安心なのは医療レーザー脱毛ができる医療脱毛クリニックです。
医療脱毛では、永久脱毛ができ、永久脱毛は、その名の通り、ムダ毛を永久的に生えなくする脱毛方法です。
永久脱毛は、病院の皮膚科や美容外科などの医療機関で受ける事が出来ます。

 

 

脱毛サロンでは、ムダ毛を少なくしたり、遅らせたり、薄くしたりする事は可能ですが永久的にムダ毛を生えなくさせる事は困難だと言われています。

 

永久脱毛では出力の高い医療レーザーを用いて脱毛していきますので、脱毛効果を早く実感する事が出来ます。
その上、自己処理よりも安全に綺麗に脱毛できますので、埋没毛の心配がありませんので、オススメです。

 

そして、永久脱毛を行えば、もう二度と自己処理をする必要がなくなりますので、これまでムダ毛に取られていた貴重な時間を他の有意義なものに費やすことが出来ますし、自己処理によって、お肌がダメージを受けるということもなくなります。

 

永久脱毛は、少し高額なのがデメリットですが一生美しいツルスベお肌を手にする事が出来ることと、デリケートゾーンでもし何か炎症なのが起きてしまったら大変ですよね。
是非、検討してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみにエステ脱毛同様、数回受けただけでは、効果はありません。
しかし、エステ脱毛と比べると回数・期間は、短いですので、通い続けるのに不安がある方は、医療脱毛は特にオススメです。

 

脱毛王道マガジンTOPへ